thewarpedradio

Acceptance

Black Lines To Battlefields (2003)
前作に続いて発売された彼らの2ndEP。のちにAlbumへと収録されることになる1曲目では彼らの新たなる姿を見せているが、それを除けば後の作品から考えると中途半端な印象を持ってしまう。メロディなどの楽曲自体は悪くはないのだが、彼らなりのオリジナリティや方向性をまだ迷っている様な感じを受ける。前作の1st EPよりは彼ら自身の方向へと少し動き出した様な気がするが、それでも1枚の中にこれだけの方向性があることは彼ら自身が悩んでいることの表れではないだろうか。いやむしろメンバー間で共有しているモノを表現することがまだ十分でないのかもしれない。しかしのちの作品から見れば今作は明らかに次への布石となっている作品であり、彼らの音楽が好きな人には是非とも触れてもらいたい作品である。全7曲。
☆☆☆ Permanent / Bleeding Heart / Hold On
Emo Alli With An I "I Learned It By Watching You"

Phantoms (2005)
彼らのメジャー1st Albumであるが、これを化けたと言わずに何というのだろうか?前作までで少しずつではあるが所々に見え隠れしていた彼ららしい要素が前面へと出てきた作品と言えるだろう。今作では前作に比べて格段にメロディが良くなり、本当に素晴らしいバンドの一つへと成長したと言えるのではないだろうか。ロックが持つダイナミックさ、そして優しさ。更には内面に隠されている感情の激しさ。そういったすべてのものが本作では表現されていると言っても過言ではない。それほど素晴らしい作品である。そして何よりもそれを如実に現しているのがJasonのボーカルであろう。これまで以上に裏声を使ったりなど声だけでも1つの楽曲の中でもメリハリがあり、一つの物語を表しているようである。さらにそれによって楽曲にも艶が出ており、日常の全てのことを忘れさせてくれる程の魅力、そして聞く人を強烈に引きつけるだけのエネルギーを持った作品である。彼らにとって今作は最後の作品となったが(2006年解散)それが悔やまれる程の完成度を持った作品であり、歴史に名を残す大名盤と言っても過言ではない。全12曲。
☆☆☆☆★★★ Time Cover / So Contagious / In Too far / The Letter / Different
Over You / Breatheless / Permanent
Emo Oasis "Morning Glory"