thewarpedradio

The Bouncing Souls

The Gold Record (2006)
Liveアルバムのリリース後にStreet Digsと共に来日を果たした彼らの久々となる7th。勢いよりもキャリアに裏付けされた渋さを押し出したミドルテンポの楽曲が増えているものの、そこに込められている熱量や力強さは変わらないいつもの姿が本作にも収められている。1曲目からテンション高く盛り上がること必須なキャッチーで力強いメロディに絶妙なタイミングでのシンガロングのコーラスが入り込むことにより、ポップ感や聞きやすさも増大されている。全体的には荒々しさはあまりない中でも唯一アグレッシブに2ビートで攻める9曲目哀愁漂う力強いメロディがより強調されていたり、今までのパンク感にFolk Punkに代表される牧歌的要素も所々で感じさせる部分もある3曲目や少しスペイシーな不思議な浮遊感を漂わせているAvoid One Thingのカバーである8曲目など、ドラムやベースもあまり低音や高音を強調しておらず、むしろ中音域で丸みを帯びた鳴り方をしている聞けば聴き込むほどに味が出てくる作品である。全12曲。
☆☆☆★★ The Gold Song / So Jersey / Sounds Of The City / Better Things
Letter From Iraq / Midnight Mile / For All The Unheard
Melodic Punk Latterman "... We Are Still Alive"