thewarpedradio

Dropkick Murphys

The Gang's All Here (1999)
ボストンを代表するバンドのうちの一つである彼らの2nd。前作は勢いを重視したアグレッシブなサウンドであったのに対して、今作ではボーカルであったMikeが脱退し、Alが加入したことに起因するのか勢いは残しつつもメロディは少しキャッチーさが出て耳障りが良くなったことによって、ポップながらもPunk本来の攻撃性も残した絶妙なバランスで構成された作品になっている。またジャケットが南北戦争でのニューヨークの第69歩兵連隊に属するアイルランド人旅団を題材にしていることからも分かるように、前作で垣間見せていたアイリッシュの要素が15曲目のAmaing Graceのカバーではパグパイプが全面的に取り入れられているように前作よりも少し強くなっている。Street Punkを基調としながらもポップなメロディと疾走感の上をアイルランド民謡の要素が入ることにより、彼ら独自のサウンドが明確になりつつある名盤である。全16曲。
☆☆☆★★★ Roll Call / Perfect Stranger / 10 Years of Service
Upstarts and Broken Hearts / Going Strong / The Fighting 69th
Boston Asphalt / The Only Road / The Gang's All Here
Melodic Punk Pistol Grip "Another Round"