thewarpedradio

The Dillinger Escape Plan

Under The Running Board (1998)
Chaostic Hardcoreの牽引者として他の追随を圧倒的な許さない彼らの2nd EP。前作までとは格段にレベルアップをしており、今後の彼らの基盤を構築したと言ってもよい作品である。この後のアルバムに比べるとまだストレートな部分も残っており初期からの過渡期と言うことも出来るが、目まぐるしく変わる展開の中でスリリングに、そして混沌とした世界観の中でも、ある意味理路整然と構築された音の渦がリスナーを巻き込み心地良くなってくる。メタルだけでなく、ジャズやプログレなど様々な要素を取り入れた彼らの音は複雑怪奇な展開でありながらも、一つ一つの音が非常にクリアである。そして歌っていると言えば語弊があるかもしれないが、彼らの魅力の一つとしてボーカルが混沌とした音の渦の構成要素の一つでありながらも非常にメロディとして主張しているという部分もある。また概して曲が長くなりやすいジャンルではあるが、本作は長くても約3分程とコンパクトに彼らの魅力が凝縮されているため、EPではあるものの彼らに触れる最初のきっかけとしても良いかもしれない。全3曲(再発盤はライブ音源が収録されている)。
☆☆☆★★ The Mullet Burden / Sandbox Magician / Abe The Cop
Chaostic Hardcore Shai Hulud "Hearts Once Nourished With Hope And Compassion"