thewarpedradio

Evergreen Terrance

Sincerity Is An Easy Disguise In This Business (2005)
カバーアルバムやB-Side集などのリリースを経たことにより、これまでの作品の延長線上になりながらも完全に一皮むけた3rd。叙情的でメロディアスなサウンドはそのままで、今作はそれに加えて疾走感やクリーンボーカルがEmoっぽさを感じさせる部分がこれまで以上に増えたため、重く激しいことには変わりないが非常に聞きやすい作品に仕上がっている。今までにはあまりなかった若干軽さを兼ね備えた疾走感が追加されたことによりブレイクダウンとのコントラストが明確になっており、非常に引き締まって聞こえる。しかし聞きやすくなったとはいってもMetalcoreの要素は盛り沢山であり、これまでの作品と同じように聞くことができるだろう。また、様々な展開を入れることにより1曲ごとが長くなりがちのバンドが多い中で、彼らはコンパクトにまとめている部分もダレることなく、楽曲自体の疾走感も併せて一気に聞けるところもポイントが高い。全10曲。
☆☆☆★★★ Dogfight / Give 'em the Sleeper / New Friend Request
I Can See My House From Here / I Say You He Dead
The Smell of Summer / Tonight Is the Night We Ride
Metalcore Shadows Fall "Threads of Life"