thewarpedradio

Flatfoot 56

Knuckles Up (2005)
日本盤も発売された彼らの3rd。今作でようやく自分たちの音・方向性を存分に出せた作品と言えるだろう。これまではメンバーにバグパイプ奏者がいながらも楽曲によって使うだけであって、それを全面に出すということはあまり見られなかったが今作からは1枚を通して大きく使われており彼らの特徴を決定付けたと言える程の作品である。これまでのようなMelodic PunkやOi Punkを基本としながらもバグパイプやマンドリンが良いアクセントとなっており力強さとCelticの持つ懐かしさや優しさが一体となってた作品である。その要因としては民族楽器の多様とともにドラムによるところが大きいだろう。これまである種Irishっぽくなく、単なるMelodic Punkであった楽曲は大きく変換していないがリズムが今作は多様化しており、それが楽曲に様々な表情を与えていると言えるだろう。全面的に民族楽器を使いだしたとしても、Celticは単なる音楽的な要素として考え、前作前と比べても極端に路線転換したのではなく以前までの路線を継承しているためMelodic Punk好きにもオススメ。全13曲。
☆☆☆★★ Brotherhood / Knuckles Up / Fight To Live / Chi Town Beat Town
Battle Of Bones / The Long Road / Amazing Grace
Celtic Punk The Real Mckenzies "10,000 Shots"