thewarpedradio

The Fairlanes

Songs For Cruising (1997)
90sに良質なPop Punkバンドが多数出現していたコロラド出身の彼らの1st。同郷のバンドにはポップなメロディを疾走感あふれるサウンドに乗せていくバンドが多いが、彼らもその例に漏れず非常にポップかつメロディアスな疾走感にあふれている。初期衝動とも言えるような勢いと共に3コード主体でシンプルにまとめられた楽曲と、メロディのポップさ加減が良いバランスで構成されているのが本作の特徴である。音質は低音が弱く若干スカスカしている感じもあるが、逆にそれが重さを感じさせずに疾走感に変わっている部分もあるように思える。このスカスカ・ドコドコというサウンドが今作の、そして彼らの特徴である。またボーカルの声質も力強くも若干高音であり、独特の雰囲気を持つバンドである。派手さはなくシンプルなリフでグイグイ押していくこれらの曲は90sならではのサウンドであるが、その一方でいつ聴いても懐かしさと共に新しさも感じさせてくれる名盤である。全15曲。
☆☆☆★★★ Back Of My Mind / Hermit Girl / Catch 22 / Screwing Yourself
Stupid / Goodbye / RipoffGirl / Vomit / Scott's Song / Friday Night
Fast Pop Punk Pinhead Circus "Everything Else Is Just A Far Gone Conclusion"