thewarpedradio

Goblins

Carry One Screaming (2000)
Demoを経ての待望の1st Album。日本ではほぼ全くの無名であろう彼らの最大の特徴は楽曲自体の良さに加えて、少し高めのボーカルと共に、ベースの女性ながら変に高すぎず中性的な声で気持ちよいコーラスが入っているところであろう。決してコーラスに凝っているとかではないが、気持ちよく心に響いて残るような感じである。どこかPopでありながらも、それだけではなく疾走感もある。ただ高速系ではないので要注意。また曲によってはAcousticでしっとりと始まる曲もあり、色々なタイプの曲が収録されており、一度聞いたら彼らの音楽にやられてしまうこと間違いなし。しかし楽曲によってのクオリティの差が大きいのも事実。いい曲も多数収録されているだけに残念。全13曲。
☆☆☆☆ Can See / Zombie / Carol Anne's Closet
Electric Horror / Darkside / The Hunting
Melodic Punk No Way Out "Waitin' For Sunday"