thewarpedradio

Hit & Run

Lullabies For Alcoholic (2008)
ポートランド出身の3ピースバンド、Hit & Runの1st EP。少し音質が悪く音が潰れ気味であることは残念な部分ではあるが、それすらも持ち味にしてしまっているかのようなHardcore色の強めなOld School系統のMelodic Hardcoreである。そういった低音を重視したサウンドは3ピースであるがゆえにテクニカルな要素はなく、音の足し引きやアンサンブルでシンプルに勢いや疾走感を出している。そうと思えば3曲目のようにジャズやファンクのようなベースリフで始まり、それを主体にした変則的なリズムの楽曲があったり、4曲目のように前のめりになりつつもリズムの裏を強調したアレンジになっていたりなどと音楽性は実はシンプルなようで幅広いバンドである。作品全体としては洗練されているとは言えないが、この少しB級感が漂うところも魅力の一つである。全6曲。
☆☆☆★★ Don't Save The World, Save Yourself / Too Little Too Late
If It Bleads It Leads / 24 Hour Fatness
Melodic Hardcore Bigwig "An Invitation to Tragedy"