thewarpedradio

Lemuria

Chautauqua Country (2010)
2nd Albumの先行シングル。アルバムにも収録されている久々にAlexがメインをとる表題曲と、Sheenaがメインをとるアルバム未収録の2曲が収録されている。もちろんアルバムを象徴する表題曲ではあるが、それと共に彼らの変化を象徴している作品でもあると言える。元々IndieRockとPunkの要素を存分に混ぜ合わせたサウンドであったが、今作からはよりIndieRockよりになってきていることが顕著である。しかしメロディの良さはそのままであり、特にB面の曲はスローテンポであるが、その分だけ純粋に曲の良さを味わえる。シンプルが故にサウンドが心に響いてきており、もはやPunkとしては括ることはできないが、アルバムと共に押さえておきたい作品である。全2曲。
☆☆☆ Chautauqua Country / They Are Who I Say They Are
Indie Rock ------------------------------

The Distance Is So Big (2013)
作品を重ねるごとにどんどんIndie Rock色を強めていっている彼らの3rd。しかしIndie Rockへと傾倒し出しているとはいえ、今作は前作の良くも悪くも大人しいしっとりとした全体的な雰囲気からは脱却し、力強さを感じさせてくれる。そういった意味では今までの彼らの深化を包括したかのような、そしてその良いところどりと言ってもいい作品である。1曲目のSEの時点で今までと異なっていることが容易に想像できるような壮大感を出しつつの2曲目への流れは序盤ながら作品のハイライト一つと言ってもいいだろう。またどの楽曲も今まで以上にバラエティに富んでいるが、他のバンドと比べてEmo過ぎもせず、Indie Rock過ぎもせずという絶妙なバランス感で成り立っており、そこから感じられるダイナミックさは力強くも優しく、聞いている側を包み込むような暖かさにも溢れた作品である、3ピースのシンプルで必要最小限の安連ブルであり、あるべき所に収まっているかのようなアレンジが、Sheenaのどこか憂いを帯びた透明感のあるメロディを存分に引き出している名盤である。全13曲。
☆☆☆☆★ Brilliant Dancer / Clay Baby / Scienceless
Paint The Youth / Dream Eater / Chihuly / Bluffing Statistics
Publich Opinion Bath / Survivor's Guilt
Indie Rock P.S. Elliot "Sadie"