thewarpedradio

Not On Tour

N.O.T. On Tour EP (2011)
カセットでリリースされたEP。速いけれどもポップ。一言でこの作品を表すとしたらこれに尽きるであろう。相変わらず曲は短いが、その中に全てを凝縮している。70sの要素があると思えば、90s以降に発展したMelodic Punkの要素もあり、時代も国籍もジャンルも全ての面で良い意味で無秩序さが漂っている。これはイスラエル出身であることも無関係ではないだろう。国の文化的背景が遠からずも作品に影響していると考えられる。前作に見られたようなスラッシュハードコアの要素は若干陰りを見せ、今作ではよりメロディック側からのアプローチが多くなっている。メロディは非常にポップであるが、それだけではなく前のめりの疾走感が彼らの持ち味であり、それがポップなメロディと相まっている。スラッシュハードコアを前面に出した曲もありそれらの完成度も非常に高いが、今作ではポップサイドの曲の完成度がとてつもなく高い。純粋なメロディの完成度もさることながら、それが勢いのあるサウンドにうまくマッチしている。ありそうでなかった様々な要素が極上のブレンドを遂げた作品であり、本作は1stと2ndの過渡期ではあるが個人的にはどのアルバムよりも本作を薦めたいほどの完成度である。なおオリジナル盤は廃盤であるが、2012年に再発された1stのLP盤にボーナストラックとして全て収録されている。全8曲。
☆☆☆☆☆★★ Did You Get Enough? / Just Forget It / Dirty Envelopes
90% Out / TV / Fine
Old School Pop Punk Mixtapes "Hope Is For People"