thewarpedradio

The Scaries

Wishing One Last Time (2004)
ジャケット、メロディ、歌詞、声質、何から何までが他の追随を許さない程の完成度を誇るチャペルヒル出身のThe Scariesの2nd。前作よりもソングライティングは向上しており、より一層の「泣き」を感じさせてくれる作品であり、大名盤の一枚と言ってもよいだろう。疾走感丸出しながらも繊細で、どこかふわふわと独特の浮遊感を生みつつも安定しているザクザク切り込んでくるギターの上をハイトーンで透明感があり、伸びやかで切ないボーカル。いつまでも色褪せることのない、素晴らしい作品との一言に尽きる。またアレンジもスピーディーな展開で、直球真っ向勝負なアレンジも妥協なくメロディを最大限に生かす結果となっており、近年のMelodic Punkでの主流となっている哀愁とは違うベクトル、むしろ本来の意味でのemoの要素を持ち合わせた青臭いボーカルからはUKメロディックっぽさを感じられ、その2つが絶妙かつ繊細なバランスで成り立っているのがこのバンドの最大の特徴であり、真似したくても出来ない孤高の存在であることの証明といえるだろう。全10曲。
☆☆☆☆★★ 800 Miles / Loss / Hate The Summer / Worse
Pushing Me Away / Letter To Julie / Picture Of You / Untitled
Melodic Punk Gameface "Always On"

Souvenir (2002)
永遠の青春番長、The Scariesの3rdにしてラスト作になってしまった今作は前作よりもスピード感は若干落ちているものの、その反面過去最大にメロディが際立っている作品といえるだろう。透明感がありのびやかなボーカルが、元々彼らが兼ね備えているメロディをより甘酸っぱいものにしておりいつ聴いても胸の奥からこみあげてくるものがある。これはまたメロディだけではなく今まで以上にギターが不必要なものを極限まで削ぎ落とし、優しさを感じさせつつも質感がざらつき、ソリッド感が増していることも大きな成長といえるのではないだろうか。これまでよりも演奏的なクオリティも格段に上がっており、これこそ本来のemoの要素を21世紀になっても持ち続けている稀有なバンド、作品であったと言えるだろう。とにかくこの甘酸っぱさは素晴らしい!全11曲。
☆☆☆☆★★ Revolver / Souvenir / Bleached / Seven Years / Counting Stars
Disappointed / Letting Go / One Way / Same Deep Water
Autumn
Melodic Punk Saves The Day "Can't Slow Down"