thewarpedradio

The Starting Line

Say It Like You Mean It (2002)
これぞまさにポップパンクのお手本とも言ってもよい1st。疾走感のあるサウンドはもちろんのことであるが、それだけではなく彼らの作り出すメロディが最大の武器であり、今作の最大の魅力であろう。前作に比べて明らかに大きく飛躍を遂げている。人によってはポップすぎる、キャッチーすぎると言うかもしれないが、そのポップで若さ故の青さに満ちているメロディこそが彼らの真骨頂である。そしてそれをエモーショナルな声やコーラスで見事にまとめあげている。アレンジも若干味付け程度には色々なことを行ってはいるが特段テクニカルなことをしている訳ではなく、上手くメロディを生かすために緩急をつけて展開もものすごくシンプルである。またコーラスも派手さはないながらも上下だけではなく完全にメロディを補完し、楽曲によっては壮大な雰囲気さえも描き出している。しかし決してエモーショナルを前面に押し出している訳ではなく、6曲目のように縦ノリと横ノリが混ざり合った曲があるなど自分たちの根幹はぶれずともバラエティに富んだ作品であり、捨て曲がない名盤である。全13曲。
☆☆☆☆★ Up & Go / Given The Chance / Leaving / The Best Of Me
A Goodnight's Sleep / Almost There, Going Nowhere
Decisions, Decisions / Saddest Girl Story / This Ride
Pop Punk This Time Next Year "A Place For You"
Anyways (2016)
活動再開後最初のリリースとなるシングル。年令を重ねた分、最早初期のような疾走感あふれるサウンドに青臭いメロディが乗るような楽曲はないが、今作では円熟しつつも初期を彷彿とさせるかのような青臭くも哀愁漂う力強い姿が込められている。1曲目は派手さはないものの陰影のコントラストが鮮やかに描き出されたサウンドに元々定評のあったメロディが力強くもしっとりと歌い上げられている名曲である。一方2曲目では比較的アップテンポで、パンキッシュさも残しつつコーラスも印象的で心地よいスピード感に包まれるだろう。3曲目は若干パワーポップを連想させるような明るさを持ちつつも憂いを帯びたギターが印象的であり、どの曲も年月を経て少し曇ったボーカルを様々な表情で打ち出しており、今後も活動を継続していくにあたっての新たな姿を示している作品である。全3曲。
☆☆☆★★ Anyways / Quitter / Luck
Pop Punk ------------------------------