thewarpedradio

Unearth

The Oncoming Storm (2004)
アメリカを代表するメタルコアバンドの1つになったターニングポイントとも言える彼らの2nd。前作のEPにてNew School Hardcoreからメタルコアに移行した姿を見せていたが、本作ではバンドとしての充実感が溢れ出るかのようなギターソロなどから感じられるメタルの様式美と、Hardcoreの激しさや速さ、重さなどが混然としたこの作品はメタルコア初期の教科書的な1枚でに仕上がっている。Killswitch EngageのAdamがプロデューサーを努めていることもあり、1曲目の冒頭、スクリームと同時に一気に畳み込むかのようにエンジン全開で始まる今作はその時点で完成度は保証されたようなものである。様々な展開や要素が詰め込めるだけ詰め込んでいるため、1曲あたりの時間はどうしても長めになっていることは否めないが、それは必然の結果であるだろうと言えるくらいに、様々な要素を混ぜながらもスムーズに構成されている。しかし彼らの特徴はそういった重さや激しさを重視している中でも非常にメロディが聞きやすいところにあるだろう。スクリーム気味ではあるもの全てが流れるように構成されており、アレンジだけでなくメロディでも緩急を織り交ぜながら重量感に溢れたサウンドは聴き応え満載である。全11曲。
☆☆☆★★★ The Great Dividers / Failure / Black Hearts Now Reign
Zombie Autopilot / Lie To Purify / Endless / False Idols
Metalcore Darkest Hour "Undoing Ruin"