thewarpedradio

Before Me

序章ep (2016)
Easelの解散後に、ボーカルであったトカレフ丸山氏を中心にBetter Off Todayのメンバーなどで結成されたBefore Meの初音源。Easelの頃よりもルーツに近い東海岸Hardcoreの影響を色濃く反映させながらも、それだけに留まらずによりエモーショナルさやメロディックさ、キャッチーさ、力強さなど速さだけに特化することなく全方位的に様々な要素を取り入れてそれを高次元でまとめている。元々ルーツを踏まえながらもオリジナリティを発揮していたバンドのメンバーが揃っていることもあるが、日本語で力強くも一つ一つの言葉を丁寧に歌い上げており、エモーショナルかつキャッチーで熱量の高いメロディの良さも相まってシンガロング必至の楽曲しか収められておらず、今後の活動が非常に楽しみなバンドである。全3曲。
☆☆☆★★★ 放つべきその感情 / 救いはその手の中で / 嵩む傷を背負い込んで
Melodic Hardcore ------------------------------
日々続く (2017)
エモーショナルなギターのリフとマーチングバンドのようなドラムが印象的なイントロから幕を開ける、前作の配信限定EPに続く初の正式音源になる1st EP。以前よりも日本語の響きを大切にしながらも、LifetimeやGrey Areaなどルーツに近い東海岸Hardcoreの香りが色濃く現れている。また前作のEPは再録されて全て収録されており、大きくは変わっていないはずなのだが同じ楽曲でも聞こえ方が全く異なるように聞こえる。全体的に力強く、一つひとつの音がくっきりとしており、そして特にメロディの力強さと併せて歌詞の一つ一つが心に響き説得力が格段に増している。元々キャリアのあるメンバーが集まっており、バンドとしての方向性が明確であることと併せて、そのバンドが持つポテンシャルを最大限に引き出しているDEVUレコーディングの功績も大きいだろう。どの曲も彼らにしか鳴らせないサウンドが詰め込まれた名作であり、EPではなくアルバムが非常に待ち遠しいバンドである。全7曲。
☆☆☆☆ 放つべきその感情 / 救いはその手の中で / 朱色の季節
其の存在 / 嵩む傷を背負い込んで
Melodic Hardcore Grey Area "Grey Area"