thewarpedradio

Brand New

Your Favorite Weapon (2001)
この作品1枚で本国における彼らの地位を確立したと言ってもよいくらいの大名盤である1st。疾走感がありながらもどこまでも青臭く光り輝くメロディ、Melodic Punkを基本としながらもそれだけに留まらすにemoやrockなどの要素を存分に取り入れた楽曲など、全てが高次元でまとめられている。決して複雑という訳ではないが、緻密に構築されたアレンジと疾走感の両立は彼らにしかできない技である。しかしその一方で決して勢い任せではなく、4曲目の様な壮大な雰囲気を持ち合わせた曲も既にこの頃から持ち合わせている。また作品全体としてはアップテンポの曲が多い中でアーティスティックな雰囲気を漂わせている曲が合間合間に収録されており、1stながらも様々な可能性を感じさせてくれる。若干癖のあるメロディは聴けば聴くほどに中毒性を増していき、そしてそれを補完し引き立てているコーラスと非の打ちどころがない。また彼らのメロディはサビで3人が全く違うフレーズを重ねて一つのメロディを構築しているという点も特徴的である。これも他のバンドではあまりない手法であり、そんな複雑なメロディ・コーラスをそういう風に聴かせずに3つで1つのものとして聴く側にとらえさせているところも名盤と言うにふさわしい作品であり何年たっても色あせない作品である。全12曲。
☆☆☆☆☆ The Shower Scene / Jude Law And A Semester Abroad
Sudden Death In Caroline / Mix Tape
Last Chance To Lose Your Key / Logan To Government Center
The No Seatbealt Song / Seventy Time / Secondary / Magazines
Melodic Punk Gameface "Always On"

Deja Entendu (2003)
リリース当初は前作とのあまりの違いにリスナー側を混乱させたある意味問題作である2nd。しかしそもそも今作の製作前に完成するまではライブ活動を停止して地下に潜ることを宣言していた経緯を考えると、ここまでの変化とは思わずともある程度は想像できた部分もあった。しかしそれ以上の成長、変化、深化を遂げたのが今作である。今までの様な青臭く、そして軽やかに疾走する曲は皆無となり、作品全体として湿っぽい薄暗い雰囲気を漂わせている。これは前作でも要所要所に感じることができたアーティスティックな部分をより深く深化させた結果と言ってもいいだろう。疾走感を感じさせてくれるPunkの要素が大きく削られ、Indie RockやUK Rock、シューゲイザーなどの要素を前面に出してダイナミックになったサウンドは、前作と全く異なっているのに完成度は非常に高く、奥深さを感じさせてくれる。しかし変わったことだけではなく、彼らの特徴である違うメロディーが一つに混ざり合って壮大な雰囲気を作り出しているのは健在であり、最初はとっつきにくいかもしれないが何度も繰り返し聴いているうちに中毒性が増してくる作品である。全11曲。
☆☆☆☆ Sic Transit Gloria... Glory Fades
I Will Play My GameBeneath The Spin Light / Okay I Believe You, But My Tommy Gun Don't
The Quiet Things That No One Ever Knows
The Boy Who Blocked His Own Shot / Guernica
Good To Know That If I Ever Need Ateention
Post Hardcore Fake Problems "It's Great To Be Alive"

The Devil And Good Are Raging Inside Me (2006)
前作で見せた方向性をより突き詰め、もはや完全にPunkという枠ではくくりきれないほど彼ら独自の世界観を完璧に作り上げた3rd。そして前作で見せたスケール感を大きく飛び越えて、深さと奥行きを兼ね備えた立体的な音像を持つ作品に仕上がっている。単に作品を重ねるごとに大人しくなっていっているという訳ではなく元々のアーティスティックさ、つまりは壮大なギターフレーズをタメや緩急を効果的に用いて一気に爆発させるという彼らお得意の手法はそのままに、その静と動のどちらにも薄暗いダークな雰囲気、緊張感を漂わせつつも歌声により様々な表情を見せるメロディ。そういったものを前作以上の高次元でまとめている。またその根底からは本当の意味でのEmo、Hardcoreを感じられずにはいられず、だからこそ荒々しい爆発的なエネルギーの動の部分と、深くゆっくりと流れているかのような静の部分の対比が明確に、かつ象徴的に作品の中で構築されている。相変わらず本国での知名度の高さから考えれば信じられないほど日本での人気は低いが、音は変わりながらも常に素晴らしい作品を送り出している彼らはもっと評価されてもよいと思わざるを得ないくらい名盤である。全12曲。
☆☆☆☆★ Sowing Season / Millstone / Jesus / Limousine / Not The Sun
Untitled / The Archers Bows Have Broken / Handcuffs
Post Hardcore Lifetime "Hello Bastard"

Daisy (2009)
前作までの流れを常に受け継ぎつつも作品ごとに深化し、なおかつ新たな面を生み出し続けている彼らの4th。冒頭開始2分がある意味この作品を、そしてこのバンドを象徴しているかのように感じることができる。女性ボーカルを迎えて優しく穏やかに始まったかと思えば、急転しての迸るほどの熱量を帯びた絶叫。こういった静と動の、冷静と情熱の鮮やかなまでのコントラストが彼らの特徴であり、最大の魅力であろう。静寂の中に見え隠れ、いや隠そうとしていないかもしれないが、静寂がその鋭さ他熱量を倍増させている彼らの音は言葉では言い表せないほどの魅力と中毒性に溢れている。また今作では歴代のアルバムの中での一番の重さを兼ね備えており、相反する要素を完璧なまでに調和させた稀有な作品と言っても過言ではない。前作のグランジ的な要素を色濃く残しつつも、全体的にはMinor Threatなどに通じる様なHardcoreなアルバムであり、聞き手を多少選ぶかもしれないが独特の世界観・立場を完全に確立させた名盤である。全11曲。
☆☆☆☆ Vices / Bad / At The Bottom / You Stole
Sink / Bought A Bride / Daisy / Noro
Post Hardcore Minor Threat "Discography"