thewarpedradio

Chaser

Numb America (2006)
本作の圧倒的なまでの完成度をもって一気に知名度を上げたChaserの2nd。感情豊かに起伏のあるメロディを軸にしつつもコーラスがそのメロディを補完することにより、その情感豊かなメロディが非常に多彩な表情を見せている。また、重さはないもののHardcoreのようなコーラスやシンガロングが良いアクセントになっている。そして本作の最大の魅力はこのメロディだけでなく、メタリックな要素は薄く90sの影響を存分に受けてザクザクと刻むリフが中心でありながらも、非常に練られた繊細なアレンジにもある。疾走感があるためさらっと全体を聞いても良さは十分感じ取れるが、細かいところまで聞くと非常に巧みに作り込まれたアレンジに気づくだろう。決して高速一辺倒ではなく、アコースティックから始まって一気に加速するものの裏でアコギが鳴り続けている3曲目があったり、5曲目のように緩急の間の部分で音が薄くなっているところに微かなギターの音を追加していたりなど、聞けば聞くほどに新たな発見がある作品である。全14曲。
☆☆☆★★★ Status / California Redemption / Know Your Way
Dust In The Wind / Business Plan / Backup(All The Arms We Need)
An Ode To Orange County And It's Scene, Or Lack Thereof
Fast Melodic Punk Near Miss "The Gentle Art Of Making Enemies"