thewarpedradio

Downway

Downway Is As Downway Does (1995)
カナダにおいてBelvedereと双璧をなしていた彼らの記念すべき1st。1曲目からミッドを強調したベースラインが中核をなしつつも、その上をテクニカルさはなく若干前のめりの速さとスカスカなリフが乗っかり、少しがなり気味のメロディが絡みつくサウンドは派手さはないながらも独特であり、彼らにしか鳴らせないものであろう。またそのメロディも若干のっぺりとしつつサビで同じ歌詞を繰り返すことが多いながらも、それが翻って非常に印象的なものになっている。更にはそんなメロディがシンコペーションや裏打ちなど、裏を強調するリズムやアレンジ中心としたサウンドで緩急や押し引きが加わることによって、速さの中でもメロディが非常に立体的になっており聞けば聞くほどに中毒性を増してくるようなものになっている。全10曲。
☆☆☆★★★ Falling Pieces / You Don't Know / Borrowed Time
You Said It'd Work Out Fine / How Could I... / Don't
Fast Melodic Punk The Almighty Trigger Happy "I'll Shut Up When You Fuck Off"
Kacknacker (1998)
結成翌年にリリースとなった1stが比較的シンプルになっていたのに対して、活動の中で少しずつ彼ら独自の色が濃くなってきた感もある2nd。今作では前作のような裏を強調したアレンジは鳴りを潜め、どっしりと構えつつも若干前のめりで突っ込んいくかのような計算された勢いに溢れた作品になっている。前作では少しのっぺりとしたメロディも今作ではがなりたてるような部分もあるが、ザクザクと刻むギターに力強くも少し枯れたような哀愁漂うメロディが絡み合うことで派手さはないながらもツボを抑えたコーラスワークと合わせて引き立っており、バンドとしての成長を感じることができるだろう。また今作では5曲目でインストが入ることにより少し以前とは異なる新たな姿を提示している冒頭4曲に対して、中盤は1stの良さを取り込んだガチャッとして垢抜けなさも残しつつも、時折スラッシー要素も入れた前作の延長線上にある楽曲が並ぶ。そして後半では少し速さは抑え気味でポップなメロディが際立つ楽曲が並ぶなど、前半、中盤、後半でそれぞれ見せる表情が異なり、多様なサウンドが楽しめるだろう。全14曲。
☆☆☆★★ Jenny's Forest / Jack That Tastes Like Rye / Whipped
Lookin' Back / ...For Something / Rearrange / Apple Cobbler
3;30 At The Bike Racks... And Bring Yo Mamma!
Fast Melodic Punk Face To Face "Big Choice"