thewarpedradio

Hollow Tides

Overly Honest (2013)
2013年に結成された彼らの1st EP。初期衝動そのままに冒頭から勢いよく駆け抜けて言っている。メタリックな要素はもちろんありながらも、彼らの場合はそれよりもHardcoreの影響を色濃く感じさせてくれる。より現代的にきれいに洗練されたKid Dunamite、もしくはよりキャッチーにしたWilhelm Screamと言うところであろうか。Hardcoreの要素は若干強めながらも、メロディはキャッチーな部分があり、非常にとっつきやすい。そして何より今作での最大の特徴は曲が進むごとに勢いと共に独特の浮遊感を感じさせるようなメロディとコーラスであろう。これは2曲目に顕著である。どの曲も短く、王道的アレンジで変に難しいことをやっていない分、純粋に曲のクオリティが高いことが分かる。結成当初でこれだけの完成度を誇るバンドであり、今後の活動が楽しみなバンドである。全4曲。
☆☆☆★★ Forgetting You / Right In Front Of Me / Repetition
Melodic Hardcore Cleave "The Circle"