thewarpedradio

The Mercy Suite

Credis Quos et Habes (2003)
過去にスプリットを出したこともあるDropnoseとAstreamの元メンバーによって結成された彼らの1stEP。どちらかというと多少Popな印象が強かったAstreamに比べると、Dropnoseよりのかなりハードな印象を与える作品となっている。ギターの質感もかなりザラザラとしており荒々しいが、その中にも北欧特有の湿った中に込められた奥深い感情を携えたメロディはこのバンドにも当然のように受け継がれていると言ってよいだろう。いや、むしろそれ以上にメロディには悲しさやウエット感をと共に力強さすら感じらせる。しかし声質が少し高音であることと共にギターと同じような印象を与えるためどこか熱さの中にも冷静さや冷たさを兼ね備えており、そういう意味では近年再び北欧のシーンは活性化してきていると言えるがその中でも異端的な存在ではあるだろう。また哀愁漂うメロディだけではなく、それが疾走感あふれるサウンドになっているためクセのある北欧のバンドの中ではPopという意味ではないが聞きやすい方に入るのではないだろうか。全6曲。
☆☆☆★★ This Relentless Pursult / The Burning Issue / Thousand Times Over
Melodic Hardcore After The Fall "First Evolve, Then Destroy!"