thewarpedradio

Neutral

Let’s Talk About Compromise EP (2017)
精力的に活動をコンスタントに続けている山梨出身の彼らのEP。ジャケットの時点でアイディア勝ちな部分もなくはないが、曲数は少ないながらも実際の中身にも様々なアイディアを盛り込んだ濃厚な楽曲が収録されている。特にBodyjarとの共演のことを歌にした1曲目はサウンドだけでなく歌詞からも言葉は少ないながらも存分に彼らへの愛情などが感じれられる。また3曲目は彼らが好きであったり、影響を受けたであろうバンド名を並べて連呼するだけの歌詞であるが、それがアイディアもさることながら楽曲として見事なまでに成立させているところはベテランならではのところであろう。また、全体的に作品を重ねるごとにどんどんリフやアレンジは現在進行系の様々な要素を取り込んでいつつも余計なものを削ぎ落としているかのようにシンプルになりつつある一方で、ベースラインがFrenzal Rhombのようにうねっていたり独特のラインで存在感を示していることが楽曲に多大なるアクセントを置いているように感じられ、次作が非常に楽しみである。全4曲。
☆☆☆★★★ BODYJAR 100 Count / Band / Why?
Fast Melodic Punk ------------------------------
20 Years Compromise For Melodic Punk (2018)
活動20周年を記念し、また待望の3rdへの先行シングル。前作のシングルではバンド名を並べただけの楽曲のクオリティもさることながらアイデア勝ちとも言える斬新な楽曲が合ったが、今作ではその位置はボーナストラックに譲っており、正統派なMelodic Punkが詰め込まれている。全体的にはカッチリ決まっているものの少し荒々しさがあり、それが返ってバンドとのしての充実感を示しているかのような勢いに溢れている。1曲目は90sを彷彿とさせるようなシンプルなリフで始まりベースも細かく裏では動いているものの、どれかが突出している訳ではなくメロディも含めて全てがバランスよく主張している。2曲目でもその路線は継承しつつも緩急や捻られた単音リフが第2のメロディのようにうねり続けている。3曲目では少しハードな面を押し出したショートチューンながらもベースからは持ち味のCruz感が全開に感じられ、どの曲もバンドの持ち味が全開になっている、アルバムへの期待感を煽る作品である。全4曲。
☆☆☆★★★ Secondshit / Ideal father? / Beer base
Fast Melodic Punk ------------------------------