thewarpedradio

NOFX

Punk In Drublic (1994)
Ef Hefeが加入してからの大きく方向転換した前作と同じベクトルながらも、それを進化させ彼らの人気を決定づけたと言っても過言ではない5th Album。1曲目から快調に飛ばしていく様は、Melodic Punkの一つの形を示したと言ってもいいほどの名盤である。特に1曲目から5曲目にかけての流れが素晴らしく、それだけでも十分に聞く価値がある作品である。疾走感がありながらも程良く力を抜いた緩急をつけているアレンジや、5曲目に代表される様なメロディはポップながらもポリティカルな要素をふんだんに盛り込んでいたりと、疾走感を前面に出しつつも彼らの持ち味を存分に味わう事が出来る1枚である。しかし冒頭5曲のインパクトが強い分、個人的には作品の後半の印象がどうしても薄くなってしまう。決して捨て曲がある訳ではなく7曲目を筆頭に完成度も非常に高いのだが、良くも悪くも冒頭のインパクトが圧倒的であるが故の若干皮肉な作品である。しかし90年代を代表する1枚であることに変わりはなく、時代を代表する作品であり、今後も聞かれ続けるべき作品である。全17曲
☆☆☆☆☆★★ Linoleum / Leave It Alone / Dig / The Cause / Don't Call Me White
Perfect Gorvernment / The Brew / Dying Degree / Punk Guy
Happy Guy
Melodic Punk Curbside "The Sound I Know"

The Decline (1999)
1曲のみの収録、そして18分の大作であるという本作品は様々な面で歴史上に残る作品であると言っても良いだろう。今作は6章で構成されており、短い曲をほぼ絶え間なく繋げるという手法で構成されている。1曲ではあるが展開は非常にスリリングであり、なおかつドラマティックである。単に高速で突っ走るだけでなく、テンポを落とし歌い方も変えるなどといった、静と動を巧みに1曲の中で使い分けている。つまり彼らの中に存在する相反する二面性を高次元でまとめた作品と言ってもよいのではないだろうか。しかし今作では彼らの持ち味の一つであるfunnyさはほぼ封印されている。アレンジの中でテンポを落としたレゲエ的な部分や、トランペットも含まれているが、どこか静かな、しかし明確な怒りを感じる事が出来る。そういう意味では本来のPunkという姿勢であり、そもそものレベルミュージックとしての態度を明確にしているとも言えるだろう。歌詞も一つの物語の様になっており、彼ら独自の手法でポリティカルな一面をかなり前面に今後押し出していくことになる、契機となった作品である。全1曲。
☆☆☆☆ The Decline
Melodic Punk ------------------------------