thewarpedradio

Pendelton

You, By Us (2007)
1曲目のイントロの1音目で一気に聞いている側を引き込む力強さと魅力にあふれる彼らの正式音源としては1stであり通算2枚目となるEP。彼らの特徴は何と言ってもその高音ボーカルにあるだろう。若干金切り声にも近いような絞り出すメロディからは力強さだけでなく儚さをも感じることができ、王道のテクニカルなメロディックサウンドと合わさることによって今までのバンドにはないような響きになっており、リスナーに衝撃を与えるほどの力を持っている。ただ曲によってはその絞り出すような高音ボーカルを活かしきれていないものもあり、その辺りにはまだ若さを感じてしまうが、それでも可能性の塊であり、何かをきっかけにして新たな歴史を作る可能性を秘めているバンドである。なお日本盤の5曲目以降は自主制作のStamp out the Japanazisからの楽曲である。全8曲。
☆☆☆★★ A Bright Future for Pendleton / Falling Apart to Double Time
Make it Better
Melodic Hardcore Trick Shots "Do Something"
The Difference (2008)
メンバーチェンジを経て制作されたものの、結果的にはラスト作となってしまった1st。前作までの延長線上にありながらも全ての面においてビルドアップされ、バンドとして大きく成長を遂げたことを実感できる作品に仕上がっている。スピード感は少し減退している部分はあるが、その反面低音を効かせて重さを出してきている分速さと重さのバランスがちょうど良くなっている。またメロディも勢いで突き進むのではなく力強くもしっとりと歌い上げる部分との緩急が強調されており、純粋なメロディが良くなったことと併せてメリハリが効いていることも作品全体の完成度を高めている要因であろう。しかしその一方で力強さが出ている分前作までのような高音ボーカルの抜けだったり、良さが活かしきれなくなってしまったことも否めないだろう。前作での改善点はなくなり良くなっているものの、反面彼らのオリジナリティもなくなってしまったことは残念である。全10曲。
☆☆☆★ View Humans As Cattle / What I've Learned
Tonight We Pray To Different Gods / Give Up
Between The Roc And A Hard Place
Have You Ever Felt Like You Have Been Cheated
Melodic Hardcore Fair Do's "Leopards"