thewarpedradio

Saves The Day

I'm Sorry, I'm Leaving (1999)
2ndの直前に発売されたAcoustic EP。1stの荒々しさは当然皆無であり、この作品にはほぼアコギ1本で演奏されていることもあって純粋なメロディの良さを感じることのできる作品である。様々な感情が堪えつつもギリギリのところまで来ているかのような、そういったこちらに訴えかけるものがシンプルなアコースティックということもありより生々しく伝わってくる。若々しくも伸びやかなボーカルを最大限に堪能でき、捨て曲も一切ない作品である。5曲目のカバー以外は後のレアトラック集に収録されているが、Modern Enlgishのカバーは本作のみの収録である。全5曲
☆☆☆★★ I'm Sorry, I'm Leaving / Jesse & My Whetstone
Take Our Cars Now!
Acoustic ------------------------------

Stay What You Are (2001)
彼らにとって大きな転換期となったであろう3rdAlbum。作品を重ねるごとにLifetimeのフォロワーから少しずつ脱却してきていたが、本作で完全にその域を抜けて自分たちの世界を作り上げたと言ってもいいだろう。メロディの青臭さはそのままでありながらも、よりロック的なアプローチが増えてきている。しかしその一方で前2作の様なやんちゃ感的なものも残っており、そのバランス感覚に優れているのが今作である。元々シンプルであったアレンジは今作ではよりシンプルになっており、emoというジャンルでは多用されるアルペジオもほとんど使わずに基本はコードで押していく形であり、それがメロディをより生かす結果となっている。ギターの音は歪んでいながらも決してひずんでいる訳ではなくそこには浮遊感の様なものも感じることができる。それがメロディと相まって今作での広がりと深みを生み出す結果となっている。今までの疾走感はなくなっているが、広がりのあるアレンジと程良いポップ感が躍動感へとつながっている大名盤である。全11曲。
☆☆☆☆★★ At Your Funeral / See You / Cars & Calories / Certain Tragedy
Jukebox Breakdown / Freakish / As Your Ghost Takes Flight
Nightingale / All I'm Loosing Is Me / This Is Not An Exit / Firefly
Melodic Punk Brand New "Your Favorite Weapon"

Saves The Day (2013)
初のセルフタイトルを冠したアルバムとなり、そこからも彼らの本作に対しての自信を窺い知れるかのような8th。ここ数作はオリジナルメンバーであるクリスのソロプロジェクト的な印象を受ける程にメンバーが中々安定せずに作品自体もどんどん内証的になっていっていたが、今作ではそれを良い意味で完全に裏切った作品になっている。前作までのIndieっぽさは残っているが、それ以上にこの作品を印象付けているのは全編通してキラキラときらめいている青臭くも瑞々しいメロディである。3作目までの初期とそれ以降のベクトルの違うエモーショナルさが完全にブレンドし、新たな彼らしか鳴らすことのできない独特の浮遊感を持ったサウンドになっている。そして歌声も幼いというか非常に中性的であり、それが本作を絶妙なバランスへと昇華している。ただポップと言うには力強く、Punkと呼ぶには甘い。しかしアレンジの方に耳を傾ければオーソドックスながらも意外とやりたい放題やっている印象も受ける。そういった一言では言い表せないほど様々な要素を含んだ、そしてこれまでのキャリアを総括するかのような作品だからこそのセルフタイトルなのであろう。全11曲。
☆☆☆☆★★ Remember / In The In Between / Ain't No Kind Of Love
Lucky Number / Xenophobic Blind Left Hook
The Tide Of Our Time / Supernova / Ring Pop / Stand In The Stars
Indie Rock Hey, Mercedes "Everything Fire Works"