thewarpedradio

Straightline

Vanishing Values (2017)
待望の来日を経てリリースされた4th。メタル大国ドイツ出身であることが大きく影響しているかは分からないが、初期とは異なり作品を重ねるごとにより増してきているメタル度合いは今作ではより強調され、ほぼ全曲に渡って終始メタル特有のバスドラを強調したアレンジをベースに、バカテクなリフを織り交ぜている。しかしそういったテクニカルな要素を存分に取り入れているにも関わらず、あまりそういった部分を感じさせ過ぎないのは、展開の豊富さや緩急のつけ方などだけでなく、テンポが速い曲が多く疾走感を前面に出していることとともにメロディによる部分も大きいだろう。メタルのように歌い上げるのではなく、Punk/Hardcoreのように吐き捨てるような、歌い上げているが良い意味でラフに歌っているボーカルが彼らのメロディと調和しているように感じる。展開がめまぐるしく変わる訳ではないが、様々な要素を詰め込んでいる分楽曲や作品自体は少し長めになっているが、全体として軽く仕上がっているので様々な人にも違和感なく聞き込める。また前半はメタル度合いが高めであるが、中盤から後半にかけては少しポップな楽曲も並んでおり、そのコントラストも作品全体としては素晴らしい。全12曲。
☆☆☆☆ Generation Lost / Pleonexia / Not Afraid / Unfinishied Story
Off We Go / Too Old To Die Young / Take Your Time
Melodic Hardcore No Fun At All "Low Rider"