thewarpedradio

Stukas

The World According To (1994)
編成やサウンドなど全てが当時のSwedenを考えても異質な存在である彼らの1st。Cruz Punkの特徴ではあるがうねるようなベースラインと単音リフを駆使したギター、そしてシンプルなようで変則的なリズムが曲によってメインが変わる男女ボーカルと絡み合うことによって、フォロワーではあるものの独特の存在感を示している。このギターリフありきのベースライン、このベースラインありきのギターリフというように、2つ共がそれぞれ主張しておりポップでキャッチーなメロディにも負けず劣らず全てが全面に出ているにも関わらず絶妙なバランスで成立しており、3ピースとは思えないほどである。メロディもポップでありながらも疾走感があり、Swedenらしい無機質な印象はなく、むしろかなりアメリカナイズされている。その一方でどこかTrall Punkを彷彿とさせるようなメロディもあり、うまく様々なものをブレンドしているように感じられるだろう。男女ボーカルの掛け合いが印象的で、それがCruz Punkの要素を存分に取り入れたと言えば悪い訳はない名盤である。全13曲。
☆☆☆☆★★ Gonna Kill Her / Scary / Funhouse / Hang / Faith / Fly / Change?
Fillow
Melodic Punk Descendents "Everything Sucks"