thewarpedradio

The Syncope Threshold

End Of The Beginning (2007)
Unfinished Bussinessから改名して発売された1st EP。以前のような高速メロディックではなく、New Schoolを基本としながらもそれにとどまらず、JazzやMetalなど様々な要素をふんだんに取り入れており、全てのパートが作り出している音の渦に巻き込まれていく様な感覚を受ける程聞く者を引き付ける力を持った作品である。多くの要素をうまく取り入れている分emoの様な伸びやかな歌い上げていたりするが、それは単なる一つの構成要素でしかなく、聞けば聞くほどHardcoreではあるが根底には元々のMelodicが存在するとの印象を大きく受ける。高速でありながらも決してぶれない強靭なリズム隊をベースにtechnicalなギターが暴れつつもメリハリの利いたスピード感溢れるアレンジの上を、抑揚のある伸びやかなメロディとそれと相反するスクリームがかなりの完成度を見せており、今後のこのシーンを引っ張っていくバンドの一つとなる可能性を大きく感じさせてくれるバンドであり、早くも次の音源を期待してしまう。全6曲。
☆☆☆☆★ Manipulate The Strains / Reticent Not Refined / Translucent
Discretion Is Advised / A Faceless Enemy
New School Hardcore Rise Against "Revolutions Per Minute"