thewarpedradio

30 Miles

The Smiles Of Rage & Paranoia (2013)
2010年初頭に結成されたイタリア出身の若手3ピースバンド、30 MilesのEPに次ぐ待望の1st。どこか病んでいて少し頭のネジが飛んでいるようなおどろおどろしいジャケットや楽曲のタイトルにLSDやパラノイアを使っていることからも推測できるようにバンドとしての初期衝動に溢れながらも、シンプルに直線的な楽曲が揃っているわけではなく変則的なある種狂気とも捉えられるようなサイケデリックなサウンドに仕上がっている。そういった面は同じイタリアのActionmenにも通じるものがあるが、彼らの場合は音楽的に難解で複雑であり、それが特有の音の渦を生み出して狂気として感じる一方で、30 Milesの場合は音楽的素養に基づくのではなく感覚から生まれた斬新なリズムや音の作り方や入れ方が非常に独特であり、そこが若手ながらも一筋縄ではいかない独特なサウンドに繋がっていると言える。目まぐるしく展開が変わる訳ではないものの、その癖のあるサウンドは聞けば聞くほどに中毒性が増してくる作品である。全11曲。
☆☆☆★★ The Smiles Of Rage & Paranoia / Jezebel & The Clown
Monique / Last Day Before Me & You In Amsterdam / LSD
Melodic Hardcore Actionmen "Upa A Baba"