thewarpedradio

Valve Drive

Best Mt Guest (2005)
これまでデモやスプリットなどの発売はあったが、ついに発売されたValve Driveの正式初音源。リリースされるまで相当の時間が経過しているが、待った甲斐はあったと心から思える作品となっている。今回はこの後発売される1stAlbumの先行シングルとしての位置づけではあるが、そんなことはどうでも良いと感じる位この作品だけで1つの彼らの世界観が現れていると言える作品であろう。彼らの持つライブでの臨場感やエネルギーが十分に伝わってくる楽曲の数々であり、シンプルながらもツボを押さえたストップ&ゴーや素晴らしいメロディやコーラスラインといい、世の中の流行など関係なく自らの内面からわき出てくるものを素直に表現していること彼らの最大の持ち味であり、魅力であろう。どれだけ時が経っても色褪せないのが名作、名曲の大前提であるが、それをこの作品からも感じることが出来、アルバムの発売が待ちきれないバンドである。全3曲。
☆☆☆☆ From Zero To Hero / Queen & Clown / Why We Try
Fast Pop Punk ------------------------------

Chronicle (2006)
先行シングルが発売されてからもどれ位待ったことだろう。しかしそんなことは関係なく、前作のシングル以上の大傑作を届けてくれたと言っても過言ではないだろう。Punkの持っている激しさ、そして内面に隠されている優しさ、そういったすべてのモノを詰め込んだのが今作であろう。彼らの優しさなど、人間性全てがあふれ出ている作品であり、聞いていて心地良いと同時に優しい気持ちになれる作品である。1枚を通して様々な表情を持った楽曲が並んでおり、時には激しくスピード感を持った楽曲がある中で、ミドルテンポの楽曲が並んでいる。しかしその中でも散漫な印象受けないのはそんなとこに起因しているのではないだろうか。彼らの魅力はメロディや楽曲がシンプルであり、変にセルアウトしていないところであろう。内面から湧き出て来るモノを大切にし、それを様々な表情で表現しており、それが彼らが様々な人たちに指示されている理由であろう。もちろん楽曲は文句なしに良く、この手のバンドでは彼らに並ぶバンドは日本にはいないだろう。世界を見渡してもこの様な90年代を強く感じさせてくれるバンドは多くなく、洋楽しか聴かない人にも是非ともこのバンド、この作品は触れてもらいたい。それほどまでに素晴らしいバンド、作品である。全12曲。
☆☆☆☆★★ Rawk And Start / Five-O-Grind / Radio Wendy
From Zero To Start / Follow Your Heart / Gibberish
Over It / Bitter Sweet Dream / Why We Try / Hype Overthrow
Fast Pop Punk Value Pac "Value Pac"

Sometimes, Walnut Creek (2008)
相変わらずアナウンスされてからが長く、待たされすぎて待ち焦がれ感が薄くなり始めるころに発売される彼らの作品であるが、常にその待たされた分だけのクオリティを兼ね備えている作品である。基本的な方向性は前作までとは変わらずメロディを大切にしながらも疾走感あふれるアレンジからは、彼ら独特のValve Drive節とも言える確固たるものを改めて感じることが出来、正直3曲では物足りなさを感じてしまう。彼らの持ち味は暖かみのあるメロディと共に、シンプルさを潔しとした直線的なアレンジであると感じていたが今作は若干今までよりも展開やフレーズが複雑になっている様に感じる。しかし近年の傾向から言えば決して複雑過ぎると感じることはなく、メロディを生かすための最善のアレンジなのだろう。新たな世界に踏み出しつつも、自らの過去をきちんと踏襲し、尚且つルーツとなる音の要素を自分達流の解釈をもって自らの音の中に組み込めることこそ彼らの最大の強みであろう。全3曲。
☆☆☆☆ Without Your Words / Mary You / Side Walk Girl Goodbye
Fast Pop Punk First To Leave "Sometimes, Walnut Creek"