thewarpedradio

Adrenalized

Vote For The Fake (2007)
スペインの近代高速メロディックの先駆者の一人であり、日本盤も発売された彼らの1st EP。近代的Melodic Hardcoreでありながらもメタリックではなく基本的にはシンプルな楽曲が並んでいる。しかし途中でメランコリンなフラメンコ要素を入れ込んでいる部分はスペインのバンドらしさがあったり、途中でトランペットが入っていたりとNOFXなどの90sの影響をも垣間見れたりなど、この作品の時点で既に光り輝くセンスを感じることができるだろう。また基本的には底抜けに明るい疾走感溢れるサウンドに地中海近隣のバンド特有の少し憂いもありながらもスペイン特有の巻き舌感は少ないため、哀愁と言うよりもヨーロッパ特有の湿り気を帯びたメロディと軽さが目立つドタバタなドラムが特徴であり、テクニカルではあるが、後に見られるような重さを伴うものではないため良い意味でサラッと流れていく好盤である。全8曲。
☆☆☆★★★ Let's Play Something / Beer, Whisky & Spaghetti / Half A Bottle
Sin+Core / Adrenalized
Melodic Hardcore Atlas Losing Grip "Watching The Horizon"