thewarpedradio

Alkaline Trio

From Here To Infirmary (2001)
ポップなメロディと速さではない疾走感を武器にしながらも、そこにゴシックの要素を追加するという彼らの方向性が明確に示された3rd。前作では若干ミドルテンポの曲が多かったが、今作では初期の様な速さが少し戻ってきており今までの集大成と今後の未来を一つにまとめた様な作品になっている。小気味好い疾走感と緩急を織り交ぜた楽曲と、2人の正反対のボーカルが歌い上げるメロディの数々は最初から最後まで飽きさせず、リスナーを掴んで離さない魅力に溢れてる。特に程よくアップテンポでありながらも、エモーショナルなボーカルとメロディは素晴らしい。ジャケットが強烈にダサいのはご愛嬌ではあるが、10曲目の様に彼らがやりそうでやらないミドルテンポから一気に加速するアレンジは反則とも言えるほど素晴らしい。全12曲。
☆☆☆☆ Private Eye / Mr. Chainsaw / Stupid Kid / Anothee Innocent Girl / Armageddon / I'm Dying Tomorrow / Crawl
Melodic Punk Apologies, I Have None "London"

Good Mourning (2003)
4thにしてメジャーからリリースされた今作は、彼らの方向性がこれにて一旦完結したと言ってもいいほどの完成度を誇っている名盤である。元々の彼らのエモーショナルなメロディや耽美的な雰囲気はそのままであるが、今作ではそのひとつの要素であるゴシックを前面に押し出している。しかし単にゴシックだから暗く、重い雰囲気が全体を覆っている訳ではなく薄暗い中から自分なりに足掻いていこうとするかのような力強さや希望にも溢れた様な作品である。これは過去の作品にも感じられる部分であり、全体的に様式美的な雰囲気には満ちてはいるが決して何も変わっていない。そして彼らの特徴の一つである完全に正反対の声質を持つ2人のボーカルはよりその違いが対照的になっているが、全体を通して一つにまとまっている。この2つを繋いでいるものの一つがゴシック的要素とも言えるのではないだろうか。歌詞も含めて死を連想させるかのようなホラーでダークな雰囲気をかなり漂わせているが、メロディは非常にポップで聞きやすい。そういった部分が聞く側を選ばずに幅広い層に支持されている要因であろう。全13曲。
☆☆☆☆★ This Could Be Love / We've Had Enough / One Hundred Stories
Continental / All On Black / Emma / Fatelly Yours / Blue Carolina
Donner Party / If We Never Go Inside
Melodic Punk No Motiv "Daylight Breaking"

Damnesia (2011)
アコースティックという形態を取った上でのセルフカバー作品となる本作は選曲もほぼベストと言ってもいいくらいであり、元々のメロディの良さを最大限に生かした仕上がりとなっている。元々ダークな雰囲気を併せ持つ歌詞やアレンジではあるがメロディは非常にポップであり、それがシンプルなサウンドで再構築されたことによってより明確になっている。しかし単にアコースティックにしたというだけでなく、ギター・ベース・ドラムを基本として構築されたれっきとしたバンドサウンドであり、基本的には原曲が持つ耽美的な雰囲気や疾走感はそのままである所がこの種の他の作品とは一線を画しているところであろう。様々な楽器や音色を駆使しながらも音圧を減らし、音の隙間を大きくして電気音を出来るだけ排除したアレンジは、原曲を尊重しつつも良い意味で楽曲の新たな面、解釈を生み出している。選曲も4thからが比較的多いが新旧問わず新曲も収録されており、彼らの魅力を再確認できる作品である。全15曲。
☆☆☆★★★ Calling All Skeltons / Nose Over Tail / This Could Be Love
Every Thung Need A Lady / The American Scream
We've Had Enough / Olde English 800 / I Remember A Rooftop
Private Eye / Radio
Acoustic Tony Sly "Sad Beer"