thewarpedradio

Astronomy Constellations

1st Demo (2018)
ex-Dumprilongerでもあり、ex-34Ruins at Mohenjo-Daroでもあったメンバーなど中心に結成された彼らの1st Demo。自分たちをProgressive Skaと言っているだけであり、曲展開やそれに伴うカッティングの混ぜ込み方、またホーンの鳴りなども王道な部分も多少見受けられるものの全体としては良い意味で特殊であり異端的なバンドである。Ska Punkをベースにしてカッティング主体で音を薄くして、そこからの加速による緩急やメロディとホーンの絡みなどはSka Punkならではの醍醐味であり、それは本作でも十二分に堪能できるが、それと併せてStreetlight Menifestoのように変則的なアレンジを随所に入れ込んでプログレだけでなくジャズ的な要素も感じられるなどDemoとは思えないほどに自分たちのサウンドを完全に確立している。ホーンにサックスがないところは少し残念ではあるが、トランペットとトロンボーンの音域の違いをうまく生かしてシンプルながらも青さと広がりを感じさせ、このアプローチの仕方はSkad Missileに近いものがあり、今後の動きから目が離せないバンドである。全4曲。
☆☆☆★★★ Forty Winks / A Cryptographic Algorithm / Same the Starlight
An Act that has Disastrous Conseqences
Ska Punk Streetlight Menifesto "Demo"