thewarpedradio

BeerBong

Fast And Comfortable (2003)
日本特別盤としてBullionから発売されたBeerBongの日本における1st(本国では2nd)。母国イタリアで1st"Fast and Comfortable"と1st EP"Business Called Fun"として発売されたものを1枚にまとめて出されたものであるが、この二つが同時に収録されていることには全く違和感がない。全編を通してこれ以上ないって程の高速チューンのオンパレード!メロディは速さにこだわっているためか言葉をありったけ詰め込んでいった上でメロディを構築されており、人によってはかなり違和感を感じることがあるかもしれないが、この彼ら独自のスタイルには個人的にかなり影響を受けた。演奏は所々甘いところもあるかもしれないけれど、それを吹き飛ばすだけの勢いとパワーに溢れかえった作品であり日本では知られてなくても世界にはもっともっといいバンドがいるということを改めて教えてくれた作品である。全21曲。
☆☆☆☆★★ Fallen Down Wall / Nothing / Smiley Camera / Eight Days A Week
Stomp / Icons / Sometimes / Easy
Fast Melodic Punk Actionmen "The Game!"

Beer Bong (2004)
前作を出した後バンドの中心人物であったGu&VoのSimoneが脱退してボーカルチェンジを経て発売された3nd。あのまくし立てるようなメロディが彼らの最大の魅力であり、ボーカルが変わったことによりやはりその点がかなり薄れてメロディや歌を重視する形へと変わっている。全体的には前作より多少遅くなったが、全く完全な別バンドへと変わった訳ではない。むしろシンガロングしやすいメロディの曲が増えている。しかしあの言葉を詰め込んだ様なメロディが今作では全くと言っていい程みられなくなっており、個人的にはかなり残念。だが前作で見られた多少の演奏の甘さなどかがかなり改善されており、今作ではギターだけではなくベースも前に出てきている。ドラムは相変わらずバスドラなどの低音重視でアレンジ的にもかなりの進化をしていると言えるだろう。しかも単に速い曲だけでなく、それをベースにしながらも色々なタイプの曲が入っており飽きずに1枚通して聞け、新たな姿をこの1枚から感じることができる。全14曲。
☆☆☆★★★ Never Be Like You / My Shorts / Fields Of Gold / Busy
From Father To Son / In The Middle
Fast Melodic Punk Moravagine "Ho Scritto Ti Amo Sulla Sabbia Del Gatto"

Murder Party (2006)
前作より2年でリリースされた彼らの4th。前作でボーカルが変わって大きくバンドとして変わった部分があったが、今作ではよりスピーディーな曲が増えたと言えるだろう。前作では正直新しいVoになじむことができなかったが、今作ではかなりこなれてきたと言ってもいいだろう。これまで以上に一直線に突っ走るだけでなく緩急をつけた楽曲も多く並んでいるが、それら全てをきちんと歌いこなしつつ自らのスタイルを示しているためにかなりの出来と言えるだろう。一見するとあっさりし過ぎている気もしたが、繰り返し聴くことで英語圏でもイタリア特有でもない、まさに彼ら独特とも言えるメロディが中毒になってしまう。前作でのメンバーチェンジは正直辛いものではあったが、今作で新しい彼らの姿・音楽を提示できたと言えるだろう。相変わらず無駄にドラムの手数も多く、メンバーの演奏力に関しても文句のつけようのない作品である。全14曲。
☆☆☆★★★ Plug & Play / Gravity / Rainbow Eyes
Just A Seeker / Perfect Day / Open Season
Fast Melodic Punk High Five Drive "From The Ground Up"