thewarpedradio

CREEPER

CREEPER (2014)
Our Time Down HereとHang The Bastardの元メンバーを中心に結成された彼らの1st EP。キャリアのあるメンバーが揃っているだけに、楽曲自体の完成度は文句なしに高い。どの楽曲もシンプルながらもメロディとギターのリフがそれぞれ強く主張しながらもお互いに邪魔することなく。決してテンポ自体は速くないが軽やかな疾走感を感じさせる楽曲は、OTDHの最後の作品から様式美にも似たような叙情的な雰囲気が弱まり、よりメロディアスになった印象を受ける。しかしどことなく力強くも艶めかしい雰囲気を持つボーカルはそのままであり、よりそれがシンプルな楽曲を華やかにしている。曲数は少ないこともあり全体的には若干一本調子になっている部分も否めないが、昔ながらのMelodicPunkを現代風に再解釈し直し、そしてUK Melodicやグラムロックなどの雰囲気をもどことなく感じさせるサウンドは古臭くもどこか新しさに満ちている。今後の音源にも期待が持てるバンドである。全5曲。
☆☆☆★★ We Had a Pact / VCR / Into The Black
Melodic Punk AFI "Shut Your Mouth And Open Your Eyes"

The Callous Heart (2015)
前作から1年足らずの間にRoadrunnerと契約をしてリリースされた2nd EP。彼らがCREEPERというバンドでやりたかったことが明確に楽曲、作品に現れている最初の作品と言ってもいいだろう。前作での一本調子はなくなり、キーボードを導入することにより楽曲の幅が広がっている。ただそれ以上に大きな個性として現れているのは、Misfitsや初期AFIを彷彿とさせるようなゴシックを大々的に取り入れていることである。PVなど楽曲以外の要素は全てゴシックを全面に出してホラー感を存分に出していることもあり、イロモノ感を感じるかもしれないが、メロディは非常にポップであり、アレンジは明るく疾走感を感じさせる。音だけに注目すれば、非常にキャッチーな楽曲が並んでおり、この要素がルーツとの一つとしてあるのだろうが、ポップなメロディと疾走感に組み合わさることによって懐かしさと新しさを同居させている。全5曲。
☆☆☆☆ Black Cloud / Honeymoon Suite / Allergies
Melodic Punk Alkaline Trio "Goddamnit"
The Stranger (2016)
Roadrunnerと契約した後も精力的な活動により着実にファンベースを広げている彼らの3rd EP。ミドルテンポでゴシック要素の強い1曲目から始まる今作は前作から方向性は全く変わっておらず、前作までが気に入れば問題なく今作も受け入れられるだろう。作品の冒頭で雰囲気を作り、聞く側を引き込む手法はOTDH時代から変わっていないが作品を重ねるごとにそれが深化しているように感じる。こういった製作時の上手さがリリースを重ねるごとに彼らの人気を着実なものにしていく一つの要因とも言えるだろう。そして今作では4曲目の様にアコースティックな面も打ち出した曲を収録しているなど、楽曲の幅がより広がっていることもあるが、コーラスやシンガロングの部分は前作よりも圧倒的に増えており、ライブを数を多くこなしてきたことがバンドとしてのまとまりが増しているように感じられ、バンドとしての今後への大きな可能性が秘められている作品である全5曲。
☆☆☆☆ Valentine / Black Mass / Misery / Astral Projection
Melodic Punk Good Charlotte "The Young & The Hopeless"