thewarpedradio

G.A.S. Drummers

Proud To Be Nothing (1999)
アルバム発売前にRandyのスペインツアーに抜擢された実績を持つ彼らの1st。3ピースという体制を存分に活かしてテクニック的なことに頼るのではなく、バンドとしてのアンサンブルで勝負する様は新しさはないもの、その完成度から1stにして名盤を作り上げたと言っても過言ではないだろう。バンド名の通りドラムは終始手数も多く前のめりではあるが、それをこちらも低音から高音までをうまく組み合わせ、ギターの音が薄いところをきちんと補っているベースラインや、シンプルな構成で基本的は良い意味でドタバタ感を出しつつもカッティングなどを入れ込み緩急をつけているギターといい正統派ではあるもの完璧である。Stop&Goも当然ながら、欧州特有のカラッとした乾きの中に少しの湿り気を持ったメロディが展開の豊富さも完成度も完璧なコーラスに最大限に生かされており文句のつけようがない。リリース段階では未成年がいたとは思えないほどの出来栄えであり、正直本作品以降は急速に失速していくバンドではあるが本作だけは避けて通れない作品である。全15曲。
☆☆☆☆★★ Back To Innocence / Missing Bullets / Forever Now
No Frill's Song Pt.1 / Outta Mankind / Fuckin' Politicians / Wish
Concave Mirror / E.M.O. / Panic
Fast Melodic Punk Stones "Music For The Morons"