thewarpedradio

Handheld

Homebrew (1999)
90sの影響を色濃く残したカナダ出身のHandheldの1st EP。自主制作であるということもあり全体的に音がこもり気味でありガチャガチャしている部分はあるが、この部分が速さの割には軽いスタスタ感を倍増させている。また2曲目では合間にSkaを入れ込んで、その後また一気に再加速するなど手法としては新しいものは皆無でありB級感満載であることは否定できないが、その中でもメロディは非常にキャッチーであり、のっぺりとした部分もあるが少しがなりたてるようなボーカルは高速メロディックの中では珍しい要素であり、アレンジ上の速さ以上の勢いをもたらしている。個性や完成度ではもちろん1stであるがゆえの若さはあるが、ラスト8曲目に収録されているミドルテンポの楽曲や6曲目が物語るようにメロディ自体は非常に良いため、それを活かすアレンジやサウンドになれば爆発する可能性を感じることができるだろう。全8曲。
☆☆☆★ Once / If We End Up Last / Defeat / Stand Up / Life's Refrain
Fast Melodic Punk Soled Out "Yet To Be Titled"
Still Tickin' (2000)
前作のEPに続く待望の1st。基本路線は変わっておらず、少し音圧は薄いながらも息つく暇もなく一気に駆け抜けていく疾走感と併せてガチャガチャ感は健在である。しかし今作ではメロディがより良くなったと言うよりもBeerBongの1stのように言葉をかなり詰め込みかなり早口に歌い回すように変化しており、キャッチーさはそのままでありながらも彼ら独特のスタンスが少しずつ現れ出している。またそれに伴いコーラスもかなり入っているがやはり早口であるため音のハーモニーというよりは補完してメロディを分厚くしているような印象を受ける。短いながらも彼ら独特のキャッチーなメロディとそれを最大限活かしたアレンジとなっている6曲目は名曲であり、それ以外の曲も北欧からの影響が少し色濃くなるなど前作から大きく成長していると言えるだろう。アレンジも前作同様緩急をうまく取り入れているが、緩急だけでなく音の足し引きやリズム自体を変えていたり、10曲目にはキーボードを入れ込むなど適度に変化球的要素を入れ込んでおり、全体的に爆走しつつもそれだけに留まらない、前作の発展形と言える作品である。全13曲。
☆☆☆★★ Get A Grip / Deal With It Then / Alone / Ode To Europe
This Could Be You / Life's Refrain / AFW 4 Life
Fast Melodic Punk Reset "No Remits"