thewarpedradio

Hit The Switch

Domestic Tranquility & Social Justice (2005)
2枚のDemoとEPを経て自主制作で発売され、一気に注目を浴びた彼らの1st。速さと重さが共存しつつも、それだけに留まらずに少しがなり意味ではあるものの非常にキャッチーなメロディとそれに絶妙に混ざり合うコーラス、そしてタイトにストップアンドゴーを織り交ぜて見事なまでにちょっとしたブレイクや音の足し引きで緩急を自在に操るそのサウンドは、ギターだけでなくリズム隊が非常に分厚い音でありオリジナリティは少ないものの、それぞれのバランスが黄金律とも言えるくらいの完成度を誇っている。特に派手目のギターの裏でさり気なく鳴り続けているベースやドラムは男臭いメロディを引き立てていると言えるだろう。また前半は勢い重視ながらも中盤から後半にかけてはメジャーコード主体でポップで明るい楽曲もあったり、ミドルテンポから急加速するような楽曲があったりと様々なものをたくさん取り込んでいつつも全てを消化しきっているため、どこを切り取っても素晴らしい作品になっている。翌年には少しだけジャケットを変更してNitroから再発されていることも、この作品の完成度を保証しているとも言えるだろう。全12曲。
☆☆☆☆★★ The March Of Dissent / Heavenly Deception / Shift
Anarcho-Syndicalist / Imperial Horizon / The Wayside
Mind Rape Culture / Aphasia
Melodic Hardcore Handheld "Handheld"