thewarpedradio

Omaha

Touch 'em all, Joe (2014)
ジャケットのダサさ加減だけは如何ともしがたい2ndEP。しかし良い意味で2014年らしさを一切感じさせずに90sから00sにかけてのあの当時のサウンドを現代なりの解釈で打ち出しているのは前作同様である。00s以降のメタリックなギターを前面に出していくアレンジとは一線を画しているところが、時代の流れを考えれば特異でありつつもそれが彼らの最大の特徴となっている。しかし決してB級という訳ではなくMelodic Punkの魅力の一つの哀愁という点においても、メロディは力強さと共に持ち合わせている。また楽曲の根底にはMelodic Punkと共にHardcoreがあるような、オクターブ奏法を駆使しながら勢いと共にパワーコードとミュートを織り交ぜた緩急を自在に操り、サウンドに重さがありながらもそれを過度に感じさせずに軽やかに駆け抜けるアレンジの上の多少の哀愁と青臭さで力強く牽引するメロディは秀逸である。そしてボーカル以外でも半分以上歌い続けているコーラスといい、一つ一つが王道であり、そのツボを押さえたメロディとアレンジは理屈抜きにリスナーをワクワクさせてくれる、そんな名盤である。ジャケットが象徴しているかのように過度にきれいにまとまりきっていない、B級とA級感が混ざり合っている部分がなおさら素晴らしい。全6曲。
☆☆☆☆ Call It A Crime / A League Of Their Own
Horseshoes, Hand Grenades/ What I Owe / Indoor Smoking Pool
Sharpshot My Hart
Fast Melodic Punk Slick Shoes "Rusty"