thewarpedradio

One Car Pile Up

Worst Episode Ever (2003)
Ex-Ganのメンバーを中心に結成された、イギリス出身の彼ら1stであり、これ以前にリリースされていた2枚の7inchをボーナストラック的に収録したDiscographyと言ってもよい作品である。異様に多いドラムのロールやミッドを強調したベースが息つく暇もないような疾走感を生み出し、ドタバタ感満載のB級感は出ているが、メロディは西海岸特有のカラッとした空気感はなく、イギリスバンド特有の若干の湿り気を帯びた哀愁が漂っている。しかしUK Melodicの香りは一切なく、この作品にはどちらかと言えば北欧テイストのメロディとコーラスがLagwagonなどのFAT系の高速メロディックサウンドに乗った楽曲が収められており、8曲目のイントロとアウトロは完全にNOFXのLinoleumをパクっており、そういったところからもバンドとしての狙いや方向性を感じることもできるだろう。しかしEP収録の楽曲のほうがドタバタ感がありながらも若干速さが抑え気味であり、このテンポ感のほうが心地よく感じる部分は否めない。一定の完成度は保っているものの勢いで押し倒すようなところもあるため、その点は若干残念である。全17曲。
☆☆☆★★★ End of the World TV Show / Goodbye On Friday / Killian Is Lying
Torn / 3 Wishes / Money Man / Seize The Day /Something to Hyde
Fast Melodic Punk 32 Frames Per Second "Hit The Ground Running"