thewarpedradio

Thrice

Identity Crisis (2001)
Screamoというジャンルを作り出したバンドの一つとも言えるだろう、彼らのDemoに続く記念すべき1st。しかしEmoの要素は少なく、ミディアムナンバーもあれば高速メロディックもあり、絶叫系の美しさを持った楽曲もあれば少しポップ寄りの明るさを基調とした楽曲があったりとかなり振れ幅は大きい。そしてほぼ全部にスクリームが入ることにより、東海岸のHardcoreに影響を受けたかのようなエモーショナルなメロディがより一層引き立っている。そこに重く刻んだリフを中心に、テクニカルさをも出したギターが絡むことによってまだHardcore色の強いメタルではあるが、それが作品全体への統一感にも繋がっていると言えるだろう。3曲目のようにボーカルに少し若さを感じる部分や全体的にもアレンジやリフも稚拙さが残るが、そういった青さが叙情感と相まって荒々しい暴力性や激しさの中にもある種の荘厳な美しさを感じる作品である。全11曲。
☆☆☆☆ Identity Crisis / Phoenix Ignition / To What End / As the Ruin Falls
A Torch to End All Torches / Under Par
Melodic Hardcore A Day To Remember "For Those Who Have Heart"
The Artist In The Ambulance (2003)
これまでのメタリックな要素を残しながらも大きくスケールアップした3rd。今までのMetalの要素は表面上少なくなり、ダイナミックさが前面に出た作品となっている。しかし彼らの魅力である叙情的なメロディやドラマティックな展開はこれまで以上に緻密に作り上げられており、今後の彼らの転換期となった作品とも言えるだろう。元々はメロディと共にメタリックな展開の印象が強い彼らではあったが今作ではそれを払拭し、根底にあるMetalやHardcoreの要素はそのままにしながらも、新たにemo特有の叙情性やきらめき、そして激情を完全に飲みこみ咀嚼しきっている。前作までの様式美的なものは若干薄まった傾向にはあり、どちらかと言うとシンプルな展開が増えてはいるが荒々しさは今まで通りである。前作までと比べるときれいにまとまっているようすら感じられる部分もあるが、そのエネルギーはメタリックなフレーズなどに拘らなくてもより楽曲の内面に盛り込まれている。この両極端とも言える様な相反する要素を絶妙なバランス感で成立させているのが今作であり、前作にも負けずとも劣らない名盤である。全12曲。
☆☆☆☆★★ Cold Cash And Colder Hearts / Under A Killing Moon
All That's Left / Silhouette / Stare At The Sun
Hoods On Peregrine
Screamo Darkest Hour "Undoing Ruin"