thewarpedradio

Amber Pacfic

The Artist In The Ambulance(2003)
これまでのメタリックな要素を残しながらも大きくスケールアップした3rd。今までのMetalの要素は表面上少なくなり、ダイナミックさが前面に出た作品となっている。しかし彼らの魅力である叙情的なメロディやドラマティックな展開はこれまで以上に緻密に作り上げられており、今後の彼らの転換期となった作品とも言えるだろう。元々はメロディと共にメタリックな展開の印象が強い彼らではあったが今作ではそれを払拭し、根底にあるMetalやHardcoreの要素はそのままにしながらも、新たにemo特有の叙情性やきらめき、そして激情を完全に飲みこみ咀嚼しきっている。前作までの様式美的なものは若干薄まった傾向にはあり、どちらかと言うとシンプルな展開が増えてはいるが荒々しさは今まで通りである。前作までと比べるときれいにまとまっているようすら感じられる部分もあるが、そのエネルギーはメタリックなフレーズなどに拘らなくてもより楽曲の内面に盛り込まれている。この両極端とも言える様な相反する要素を絶妙なバランス感で成立させているのが今作であり、前作にも負けずとも劣らない名盤である。全12曲。
☆☆☆☆★★ Cold Cash And Colder Hearts / Under A Killing Moon
All That's Left / Silhouette / Stare At The Sun
Hoods On Peregrine
Screamo Darkest Hour "Undoing Ruin"