thewarpedradio

Guff

Kicked To the Curb. (2000)
結成翌年に発売されたの1st。演奏やメロディなどはまだまだ荒々しくお世辞にもよくまとまっているとは決して言えないだろう。けれどもしゃがれた声で、シンガロングしたくなるような現在のGuffらしさも随所に現れており、今作の段階で既にGuffの基本形は示されていたと感じることができる作品である。曲自体は高速ではないが、彼ら独特のアレンジやメロディが彼ら独自の空気感を感じることができる。このバンドの音源は現段階ではどれも非常に日本では手に入りづらいのが難点ではあるが、ぜひ実際に自分の耳で彼らの音に接してもらいたい。全10曲。
☆☆☆ The Wrong Chance / Kate
Melodic Punk 4ft Fingers "... At Your Convenience"

The Guff Is A Disaster (2003)
前作において所々に現れていたGuffらしさが存分に発揮された好作品。結成以来全米各地を回りSum41やBigwig、Flogging Mollyなどと共演を果たしてきたGuffがいい意味で前作の勢いを残したまま前作収録の再録3曲に、新曲2曲の全5曲入りのEPではあるが、2000年代のPopPunkバンドとは一線を画した良質のMelodic Punkである。しかし多少ボーカルの声に癖があるがはまると耳から離れないメロディ。哀愁も漂いつつ突き抜けるような爽快感。アレンジもしつこくない程度にギターがピロピロいっており、メロディックパンク好きなら一度は聞いてみて欲しい作品。曲の質は2nd Albumにも負けずとも劣らずであり、これを突き詰めたのが次作であると考えると新しい彼らの姿を現したあいさつ代わりの作品と言えるだろう。全5曲。
☆☆☆★★★ Responsibility Pays / Faith / Scars Are Tough Too
Melodic Punk Brodie "When I'm With You"

Engine Trouble (2003)
2003年の夏に発売された2nd。前作のEPでも彼らの新たな方向性や成長を示された感があったが、今作ではこれを突き詰めていると言ってもよいだろう。1曲目から王道的なメロディックパンクであり、そこに不必要な装飾やギミックは全く存在はしていない。しかし彼ら最大の持ち味である力強くも明るさ・陽気さを兼ね備えたと言ってもよいメロディによって1枚を通して彼らの世界の中へ引きずり込まれていくような感覚を受ける。アレンジにも派手さは皆無に近いが、その分シンプルでタイトになっているためにそれも彼らのメロディに対するこだわりの表れではないだろうか。近年ここまで余分なものをそぎ落としつつも疾走感のあるバンドは少なくなってきている現状を考えると、このまま彼ら自身の持ち味を良い意味で変化することなく生かし続けてくれればと思う。あとは曲によってのクオリティの差が少なくなればアルバムとしての完成度はより向上するだろう。全10曲。
☆☆☆☆ If You Won't Be My #1(then #2 on you) / Clear Skies
Where Will You Break / Yeasterday Seems / Scars Are Tough Too
Melodic Punk The Lawrence Arms "Ghost Stories"

Shymphony Of Voices (2006)
待望の3rd。前作に比べると1枚を通しての完成度は飛躍的に向上したと感じたが、その反面当初は物足りなさも個人的には感じた。これはこれまでの勢いがありつつも乾いた響きのあったメロディが、内面から湧き上がる不安を抱えたような暗さ・重さを秘めたものへと少し変化したことと、若干の変化球的なアレンジが特に前半部分で多くみられた結果ではないだろうか。1枚の前半にこのような楽曲があることに関して賛否両論あるとは思うが、後半に行くにつれて今作ではこれまでのようなある意味暑苦しく、勢いのあるGuff節とも言うべきメロディが今まで以上に疾走感のある楽曲の中で生きてきており、当初の印象に対して結果的には良い作品になってる。活動年数によってバンドは少しづつも変化するものであり、それを止めることは誰にもできないが、最初に感じた違和感は彼らのこの時点での過去・現在・未来を見せてくれる過渡期の作品であるからこそのものであろう。しかし余計なことを考えなくても、今作も今までと変わらずに良い作品である。全13曲。
☆☆☆★★ Behind Your Smile / Bleed Like you / Hard To Remember / Rejected / The More You Try To Hide / The Fever / Changed
Melodic Punk Menzingers "A Lesson In The Abuse Of Information Technology"