thewarpedradio

Out In Style

Broken Dreams (2018)
ブラジルのクリチバ、そしてカナダのケベック出身のメンバーによって結成された彼らのEPに次ぐ1st。速さを押し出すような曲もあれば、少しミドルテンポ気味の曲があったりと曲によって多少見せる表情は異なる部分もあるが、作品全体としては一貫してNUFANMuch The Sameのような力強くも哀愁漂うメロディが派手さはなくソリッドな疾走感を打ち出したアレンジの上を縦横無尽に駆け抜けていくサウンドを中心に構築されている。しかし90s〜00s初頭の空気感を漂わせているものの、それだけに留まらずメロディに対してのリフやリズム、そしてコーラスなどのあて方はエモだったり10s以降の高速メロディックからの影響も感じさせるなど王道の流れを踏襲し昇華したハイブリットな作品に仕上がっている。多少似たような楽曲が多いところは否めないが、女性ボーカルをゲストとして迎えた5曲目は速さと力強さの中に哀愁と爽やかさや優しさが同居しており、6曲目はスクリーム気味のコーラスが入ってより力強さが出ていたりなどシンプルながらも色々な要素を取り込もうとした、メロディを重視した好作品である。全14曲。
☆☆☆★★★ Looking For You / Dreaming / Lucid Dream / Glass / O'Brien
Drinking In Hell / The Great Perhaps
Fast Melodic Punk Setbacks "Ocean Apart"