thewarpedradio

Setbacks

Oceans Apart (2017)
2017年以降少しずつ増えてきたインターネットバンドの先駆けとも言って良い、彼らのEPに続く1st。メンバーにはPridebowl、Still Thinking、Hack The Mainframeなどとアメリカ、オーストラリア、イギリス、南アフリカの錚々たる顔ぶれで構成されているが、メタルばりの荘厳な雰囲気を持つイントロから始まる今作はそれぞれのメンバーの持ち味が混ざりあった作品になっている。特に90sから活躍しているAaronが歌い上げるメロディは非常に現代的な香りを全面に出しながらも、少しのっぺりとしているような部分もあり90sの雰囲気を10sに継承していると言えるだろう。しかしそのメロディは決して北欧らしいという訳ではなく、欧州の少し湿り気を帯びた部分を残しながらも非常にアメリカナイズされたカラッとした爽やかさをも残している。そしてそれを補完するギターもテクニカルではあるものの速さと共に重さはあまり感じられずに、手数の多いドラムとシンプルなベースによるリズム隊の上を駆け抜けていきつつもメロディが入るところでは少し引き気味で引き立てているところなどは、各パートが前に出つつもメロディを全面に押し出した10sにおける進化したSkate Punkと言えるだろう。また、MuteBelvedere、プロデューサーでもあるDouble NegativeのPaulなど多彩なゲスト陣も見逃せないポイントである。なお日本盤ではジャケットが変更され、EPが全曲収録されている。全14曲。
☆☆☆☆ Too Much Time / Remember / Blood Thirsty / Don't Bully Me
Victory / No Place Like Hell / Mind Control
Fast Melodic Punk Dearly Divided "So Much for New Beginnings"