thewarpedradio

Too Bad Eugene

Moonlighting (2002)
Tooth & Nailsに移籍してリリースされた彼らの2nd。Punkの持つ荒々しさもありつつもどこか美しくも儚いメロディやサウンドプロダクションは、まさにレーベルのカラーを色濃く反映させたクリスチャンパンクと言えるだろ。ザクザクと刻み、ソリッド感溢れつつもダイナミックなギターワークと青臭さと力強さ、そして透明感溢れるメロディが絡み合い、テクニカルな訳ではないが、単音リフやソロを駆使しつつもミドルテンポの楽曲が多いこともあり、初期Emoのような神々しさと共にダイナミックでスケールの大きい音の広がりを感じられる。前作よりはグッとスピード感は抑えられているが、それが彼ら独特の透明かつ青臭いメロディが活きる良い方向へと寄与していると言えるだろう。メンバーの経歴を考えればもっと日の目を浴びてもよく、それだけの完成度を誇ってはいるものの本作リリース後にバンド自体は解散してしまったことは残念である。全10曲。
☆☆☆★★★ Premodern Donna / Condolences / All At Once / Nobody's Home
Bad Guy / Theological / Soli Deo Gloria
Melodic Punk Craig's Brother "The Insidious Lie"