thewarpedradio

Double Negative

When We're Gone (2016)
ワンマンバンドから2人体制のインターネットバンドとして新たなスタートを切った彼らの実質的な1st。それまでの音源はやりたいことはわかるが少しパッとしない楽曲が並んでいたが、今作では南アフリカ出身のドラムが加入したことが大きかったのか、大きく変化し成長した作品に仕上がっている。テクニカルな面はそこまで押し出しておらずに、青臭くも聞きやすいメロディと疾走感あるアレンジが中心となっているところは古き良き伝統を受け継いでいると言えるが、その一方で疾走感を失わないが様々なテンポの楽曲が並んでいたり、アレンジも重さとか軽やかさが共存しているところなどは非常に近代的な要素をも感じることができるだろう。またアレンジもさることながら、メロディが今作では非常に良くなっており、12曲目から16曲目がそれぞれが独立しつつも組曲的な要素も含んでおり、曲数が多くとも非常にバラエティに富んだ楽曲が並んでいるため最後まで飽きずに一気に聴ける作品である。全18曲。
☆☆☆☆★ Religitarded / Shit Life Syrdrome / Talking To The Camera
On A Windswept Hillside / For Ray Stevenson / Message
: \>Abort, Retry, Fail?(Part I) / Destined For The End(PartV)
:\>Fall(PartVI)
Fast Melodic Punk Setbacks "Oceans Apart"