thewarpedradio

Silverstein

Transitions (2010)
本国ではVictoryからHopelessに移籍後初リリースとなった、1st以前の自主制作以来の3rd EP。レーベルが変わっても彼らの本質は決して変わることなく、エモーショナルに歌い上げる楽曲もあればHardcoreに少し寄った激しさを打ち出した楽曲も合ったりと、曲数は少ないながらも彼らの魅力が余すところなく詰め込まれた作品と言えるだろう。冒頭の1曲目は静と動を交互に打ち出し、エモーショナルなメロディを中心に据えつつPost Hardcore感を押し出し、一方で2曲目は激しさもありながらも躍動感やスピード感に溢れ、その上で少しポップなメロディが絶妙なバランスで混ぜ込まれている。3曲目は対称的にザクザクと刻むリフにスクリームとクリーンのメロディが絡み合う彼らの真骨頂とも言える、彼らが歴史の一端を担ってきた王道のScreamoを堪能できるだろう。また他の2曲もアコースティックやNine Inch Nailsのカバーであり、土台はScreamoという軸から常に動かない彼らではあるが音楽的にはやはり底のしれないバンドである。全5曲。
☆☆☆★ Sacrifice / Darling Harbour / Dancing On My Grave
Screamo ------------------------------
Short Songs (2012)
Screamo黎明期から第一線で活動し続ける彼らの6th。他のScreamoバンドの多くが途中でその音楽性をIndie RockやRockなどに寄っていく中で彼らはその都度音楽性をアップデートしながらも愚直なまでに一貫しており、今作でもその傾向は変わらない。しかし今作では若干コンセプトであり、タイトル通り少しHardcoreに寄せた1分30秒以内のショートナンバーを矢継ぎ早に繰り出す前半の11曲と、後半の11曲はSilversteinとして影響を受けたDead KennedysやGorilla Biscuits、Good Clean FunなどのHardcore勢やDescendentsNOFXChixdiggitなどのMelodic勢のカバーで構成されている。その中にMelodic勢としてGobのカバーが収録されているのは面白いところではあるが、それ以外にもThe Promise Ringなどもあるのは彼らがHardcoreやMelodicだけではなく、やはりEmoからも多大な影響を受けていることが彼らの激しくも叙情性のあるメロディや展開に繋がっていると言えるだろう。その叙情性がショートナンバーの中でドラマティックな展開の中で生きており、彼らの多大なるセンスを伺い知れる。本作で彼らの魅力を全て堪能することは難しいが、決して避けては通れない名作である。全12曲。
☆☆☆☆ Sin & Redemption / SOS / Brookfield / World on Fire
Sleep Around / One Last Dance
Screamo Thrice "The Artist In The Ambulance"