thewarpedradio

Face To Face

Don't Turn Away (1992)
元々はDr.Strangeからのリリースであったが、後にFatから再発された程に名曲のオンパレードである1st。Treverの若々しい声で歌われる力強くも爽快なメロディも魅力の一つではあるが、それ以上に個人的には低音よりもミドルを上げてブリっとしたMattのベースを最大限に生かしたそのバランスが最大の魅力である。もちろんこれは音質や時代的なものはあるかもしれないがそれを差し引いても、である。オクターブでギターを重ねている部分はあるが、基本的にはパワーコードでシンプルに勢いを生み出しているギターに安定したドラム。そしてその間を埋めるかのように時にはドラムと共にリズムを支え、時には第二のメロディとも言えるような艶やかなフレーズを奏でているベース。この三位一体ともいうべきバランスは80年代以降のハードロックなどへのカウンターアクションとも言うべき時代性を象徴しているかのようであり、まさにこの時代を空気感を詰め込んだ作品である。このシンプルであるが故にごまかしのきかないサウンドをいとも簡単に、そして名盤として成し遂げているこの作品はMxPxとはベクトルは若干異なるものの、3ピースの完成形の一つがここに詰め込まれていると言ってもいいだろう。それくらい重要であり必聴の名盤である。全13曲。
☆☆☆☆★★ You've Done Nothing / I'm Not Afraid / Disconneted / I want
You've Got A Problem / Nothing New / Walk Away
Melodic Punk The Tank "There Is No "I" In Band"

Over It (1994)
1stと2ndの間にリリースされた、ファンの中でも根強い人気を誇るEP。アルバムと収録曲が被っている部分もあるが、こちらに入っているバージョンの方が3ピースのシンプルながらも力強いリフやメロディがより映えており、初めてこのバンドを聞くならばこの作品から、と言っても良い作品である。3ピース時代の初期の代表曲は大方網羅しており、特に1曲目や4曲目はこの作品に収録されている方が断然良い。それ以外の曲においてももちろん3曲目なども外してはならない名曲である。発売時期が時期だけに1stと2ndのいいとこ取りではあるが、限界まで余分なものをそぎ落としたスピーディーでソリッドなアレンジに、耳にいつまでも残るメロディで歌いあげられる分かりやすい歌詞。そしてそれを象徴するかのようなジャケット。曲数は少ないながらも全てが完璧に作り上げられた1枚である。1stのタイトルがアルバムにではなくこちらに収録されているのも謎ではあるが、名曲である。全7曲。
☆☆☆☆★★ I Want / Nothing New / Disconnected / A.O.K.
I Used To Think / Don't Turn Away / Not Enough
Melodica Punk Digger "The Promise Of An Uncertain Future"