thewarpedradio

TOTALFAT

First-Demo-Tape (2000)
結成間もなくリリースされた彼らの初音源。バンド初期特有の影響を受けた音そのままの、良くも悪くも青臭さ満点の作品である。演奏や詩なども下手なわけではないが、決して秀でているわけでもない。またこの頃はメタルの要素はまったくなく、当時の彼らの好みがわかるような典型的なMelodicPunkとなっおり、アレンジもかなりシンプルである。しかし2曲目のような跳ねるリズムを取り入れている楽曲が合ったりなど、この頃から音に対して貪欲な姿勢を感じることができる。そして何よりも彼らの良さの一つであるメロディは現在と比べても決して見劣りしない程に完成されている。特にSkaを取り入れた3曲目は名曲であり、歴代の彼らの曲の中でもトップクラスの完成度である。全3曲。
☆☆☆★★★ good-bye and see you / Summer Sonic
Fast Melodic Punk ------------------------------

the First Anniversary of TOTALFAT (2001)
結成1周年を祝う形で発売された彼らの2ndDemo。今作では前作とは違ってややPopPunkよりの楽曲が揃っている。しかしすべての面でクオリティは格段に向上しており、メタリックだったり、ツインギターを強調したアレンジにはなっておらず前作と同様シンプルなアレンジではあるが、後に見せるような彼ららしさが所々に感じられるようになってきている。この作品には初期の彼らの代表曲であるNextYearが初めて収録されているが、後の作品とは歌詞やアレンジが異なっているために、聴き比べるのも面白いだろう。他の3曲はこの音源でしか聞くことはできないが、今聞いても決して色褪せない普遍的なポップなメロディである。特に3曲目と4曲目はシンプルながらも名曲であり、この音源でしか聞くことができないのはもったいない。全4曲。
☆☆☆★ Next Year / Go On A Trip / Child
Fast Melodic Punk ------------------------------

The Punk Rock Split (2002)
同じ八王子を中心に活動していたLowbrowとのSplitであり、それぞれ6曲ずつ提供している。この頃辺りから"the newschool melodic skate punk"という言葉を掲げており、その言葉通り今までとは一線を画した多少メタル的な要素を取り入れた楽曲が増えてきている。新しい要素を取り込みながらも根底としてメロディの良さは何も変わっておらずに、自分たちのやりたいことが徐々に明確化してきており、ルーツを大切にしながらも自分たちの感性で良いものを柔軟に取り入れる姿勢がこの頃から飛躍的にクオリティを格段に向上させていると言えるだろう。10代でこの域にまで達したことは驚き以外の何物でもないだろう。この作品からアルバムに4曲再録されており、このことからも彼らの作り出す楽曲のポテンシャルの高さが既にこの時点で証明されていると言えるだろう。なお、KubotyはLowbrowにギターボーカルとして在籍していた。全6曲。
☆☆☆★★ Nothing But / Thank You / Shoes / Next Year
Fast Melodic Punk ------------------------------

Split w)Milk Robber (2003)
タイトル通り2003年春のツアー限定の岡山出身のMilkRobberとのSplitDemo。1曲目は後のアルバムに収録されるが、2曲目は単独作品には収録されておらずVAでのみ聞くことができる。そしてこの当時からMelodicPunkをベースにしながらもその枠を良い意味で少しずつ本格的にはみ出して純粋に良い音楽、良いメロディを追求しだしている感がある。全2曲。
☆☆★ The Plating Sky / I'll Make Your Heart Scrap
Fast Melodic Punk ------------------------------

Demonstrating CD-R From 1st Album (2003)
アルバム発売直前の2003年夏ツアー限定のアルバムからのDemo音源。コレには珍しくOneBoxのAcousticVersionが収録されている。基本は原曲に忠実になっているが、Joseのアレンジセンスが光るような演奏になっているのので、その点だけでも聞く価値のある作品である。全2曲。
☆☆☆★ One Box(Acoustic)
Fast Melodic Punk ------------------------------

End Of Introduction (2003)
2003年に発売された彼ら初の正式な単独音源。今までのリリース作品から選び抜かれた楽曲と、新曲がほぼ半分くらいの割合となっており、タイトルが示すとおりこれまでのTOTALFATの総決算的な音源となっており、この当時の彼らの全てを注ぎ込んだ作品となっている。Shunが「正式な初音源だから勢いを出したかった。」と語っているように色々な音楽を自分たちなりに消化しつつも等身大の自分たちを素直に表現している音であると思う。完全に初期衝動の塊であり、バンドの初期にしか出せない勢いに溢れている。しかしアレンジは疾走感があふれつつもタイトであり、ShunとJoseのメロディの絡みも今まで以上にきれいである。楽曲の幅もMelodicPunkを中心にしながらも、高速一辺倒ではなく自分たちが良いと思われることはなんでも取り入れていく柔軟な姿勢はこの当時からである。まさに彼らの憧れである西海岸的な匂いが随所に感じられ、ようやく本当の意味での自分たちの音を確立したAlbumと言えるだろう。全くタイプの違うギタリストによる対照的なアレンジにも注目である。全13曲。
☆☆☆☆★★★ Highway Goin' / Hope From 3rd Rated Life / One Box
Nothing But / Plating Sky / Thinkin' About Our Way / Next Year
After The Show / I Follow You
Fast Melodic Punk Craig's Brothers "Homecoming"

Get It Better (2005)
アルバムから若干間が空いてリリースされたMiniAlbum。前作リリース後に全国をツアーしてその中で生まれたものを素直に出した作品であろう。MelodicPunkをベースとしながらもメタルやハードロック、エモなど様々なエッセンスを取り入れ音楽的な幅を大きく広げた作品であり、意欲作と言えるだろう。製作時には5人編成であったため、トリプルギターであることを活かしたアレンジはかなり新鮮である。しかしその中では少しメロディがギターに負けて抜けてこないなどの消化不良感も多少ある。前作のようなメロディックな曲も、音数が多くて重さもあることからどことなく全体的に疾走感が失われていることは否めない。彼らの作品の中では賛否両論となる作品であるかもしれないが、彼らの本質は何も変わっておらずに2人のボーカルの絡みも素晴らしく、もっと彼らの中で消化されれば大きくまた新たに成長を遂げることを期待させるような過渡期にある作品と言える。全7曲。参照インタビュー
☆☆☆★ Generations Ever Last / Not To Retire / Red & Yellow Leaves
Something Wrong With Me / You're All I Need
Melodic Punk A Change Of Pace "An Offter You Can't Refuse"

When The 8th Spring Has Come... (2005)
前作から1年と間をおかずに発売された盟友fbfwとのSplit。前作が1stAlbumと大きく異なっていたために、どんな楽曲を収録してくるのか楽しみであったがこれまた彼ららしいメロディックを基本とした楽曲となっている。前作では幅を広げた感があったが、今度は過去を全て包括しきちんと地に足をつけて制作されたことがよく分かる。3曲共にそれぞれ異なったタイプの曲ではあるが、全てが彼ららしいキャッチーで暖かい雰囲気の3曲である。2人のボーカルの絡みは減ったような気もするが、それぞれのスタイルが徐々に確立してきたようにも感じられるため不思議と統一感がありバラバラな感触を全くと言っていい程感じない。何処か懐かしさを覚える1、2曲目、自らの土台の上に新たな面を付け加えて大きくバンドとして成長したことを見せつけてくれる3曲目といい、何か過去を踏まえて彼らの現在・そして今後を集約したような作品である。これぞTOTALFATであり、前作があったからこそここへたどり着いたのだろうと自信を持って言え、万人にオススメ出来る作品。全3曲。参考インタビュー
☆☆☆☆★ Tonight / The Frame Of Youth / Fight Against Yourself
Melodic Punk ------------------------------

Hard Rock Reviver (2007)
スプリットを挟み、単独作品としては約2年振りとなる彼ら初のCover Album。収録されている曲はそれぞれのバンドの代表曲とも言えるべき有名な楽曲ばかりであるが、単に速くしておけばよいというような安直な発想ではなく、先人たちへのリスペクトを込めて原曲の良さを生かしつつも彼ら自身のフィルターを通した作品となっている。今作では原曲のキーが高いせいか、Joseがメインになっている楽曲が多く収録されているために、若干今までとは表情が変わったという印象を受ける。しかし彼ららしい疾走感あふれるアレンジには好感を持てるだろう。そしてメタルやハードロックの要素を彼らなりの解釈で彼らは以前よりルーツや背景をまでも気になったら自分から触れていって欲しいと言っており、それを自らがリスナーに対して示したものが今作であると言えよう。全8曲。
☆☆★★ ------------------------------
Melodic Punk ------------------------------

Hellow & Goodnight (2007)
長い間待たされた感があった1stEP。今作では現在進行形である彼らのサウンドの中で、まさに今をそのまま切り取ったような作品であり、今までで一番明るいサウンドであり、彼らが元々持っていた青臭さは残しつつも等身大のきらびやかさを持っている。前作からその兆候はあったが、Joseがメインを取るようになってきており、それも相まって今作の狙いである今までで一番Popな作品になっていると言えるだろう。アレンジ自体も基本はシンプルでありながらもきちんとツボを押さえており、特にリズム隊の手数が多い中での安定さは素晴らしいものがあるのではないだろうか。クオリティが上がった分若干きれいにまとまりすぎており、今までに持っていた荒々しさがナリをひそめてしまったように感じるのが残念であるが、その反面メロディやアレンジ力などその他の面では飛躍的に向上しており、今作を元にしてどのような作品をもって彼らがどこへ新たなステージを求めて、扉を開いていくのか今後にかなりの期待を持たせてくれる作品であると言えるだろう。全5曲。
☆☆☆☆★ Time To Wake Up / Show Me Your Courage / Magic Word
Hello & Goodnight
Melodic Punk Wishful Thinking
"Kicking Goals, Banging Gongs And High Fives All Round"

All The Dreamer, Light The Dream (2008)
約4年ぶりの2ndFull。上のEPの延長線上に位置しているが、この4年間で様々な音楽に触れ、吸収した上で自らの原点を見詰め直し、更にそれを先に進めたような作品である。そのために1stに比べてテンポや空気感のメリハリに優れており、過去最高の疾走感にあふれた作品である。これは手数の多いドラムと様々なフレージングを行いながらも安定したベースがボトムをしっかりと支えているためであろう。それがあるからこそ性質の性質の違うギターフレーズが生きてきているのではないだろうか。また彼らの作るメロディが高音の声質に合っており、決して独創的なことをやっている訳ではないが彼ららしさをいかんなく発揮した作品であると言えるだろう。しかし個人的には異なる声質のボーカルを生かす曲が減ったことと、Shunのどこか暗さを秘めた8曲目のような楽曲が最近ないことが残念である。しかしそれは個人的な好みの問題であり、今作ではまさしく新たなステージへと上り詰めた感がある作品に仕上がっている。全11曲。
☆☆☆☆★ Da Na Na / Starting New Life / Track Back(To The Rads) / Tonight
The Day While Been Greenhole / It's Not Just Like Love Comedy
I'm Not
Melodic Punk Amber Pacific "The Possibility And The Promise"

For Whom The Rock Rolls (2009)
前作より約1年でのリリースとなり、現在のバンドの状態を物語っているようなハイペースでのリリースとなり中身も非常に意欲的な作品となっていると言える3rdAlbum。個人的な視点では今作の最大の特徴は良くも悪くもこれまでの彼らとは異なり、日本人の音からは脱却したしたことであろう。今までの彼らは様々な要素を消化しつつもどこかメロディや醸し出していた空気感は他のバンドも持ち合わせている、一聴してすぐにわかる日本人らしさを兼ね備えていた。これは当然のことではあるが、今作ではメロディラインや楽曲の完成度など全ての面で完全に無意識化にある日本という枠を取り払った作品である。個々の楽曲全てに様々なMelodic Punkの要素をさり気なく織り込ませていつつも、彼ららしさを兼ね備えており相変わらず抜群のバランスでのアレンジと言えるであろう。そのため1枚を通して非常に多種多様な色合いを持たせていながらも統一された印象を受ける。しかしその一方で個人的には元々持っていたメロディのインパクトが今作では若干弱いとも感じられる。非常にまとまっている分個人的にはずっと耳から離れないようなメロディがこれまでの彼らの中では少ないように感じられた。それが良くも悪くも脱日本化にも繋がっているのではないだろうか。しかし前作がそうであったように今作品を通過点としてまた新たな、大きな姿・作品を次作では見せてくれるだろう。全14曲。
☆☆☆☆ Good Fight & Promise You / Just For What / Dear My Empire
Highway Part2 / Fall Into Deep / Anthem Of The Bedroom / Over
Driving Force / Rainbow / Story Teller
Melodic Punk Mighty Midgets "Raising Ruins For The Future"

Over Drive (2010)
ハイペースでのリリースが続く彼らの4th。そして今作より本格的にメジャーへと活動の場を移した記念碑的な作品でもある。今まで外部プロデューサーを置く事はなかったが、今作からは岡野ハジメ氏を迎えて製作されている。その影響がどこまであったのかは正直わかりかねる部分もあるが、一つ一つの音、特に低音の形が非常にくっきりとしている。一つ一つのアレンジはシンプルに余分なものをそぎ落としたように聞こえるが、聞き込めばかなり細かい事を行っており、相変わらずの彼ららしさを残しており、安心して聞ける作品である。個人的には元々持っていた武器を今まで以上に上手く活かした作品であるように感じる。まずはJoseがメインで歌う曲がかなり多くなっており、元々のハイトーンにも磨きがかかり、より丁寧に歌を伝えようとする姿勢が増したように感じる。個人的にはShunがメインの曲がもっと欲しいというのはあるが、それを差し引いたとしても良い作品であることには変わりない。また様々なジャンルの要素を取り入れており、それぞれのベクトルは曲ごとに多種多様になっているがどの曲でも芯が、軸がしっかりとしており、どんなアレンジであってもTFの曲であることが分かる所は、当初からのブレのない彼らの良さであり、ソングライティングが今まで以上に充実している事を物語っている。それが彼らの大衆性・普遍性へと繋がっているのであろう。同じ場所にとどまらず、絶えず進化し続けるある意味彼らの真骨頂が存分に表れた作品。全14曲。
☆☆☆☆ Invention~Good Morning, My Treasures~ / Ryan, Don't Worry
Summer Frequence / Sacrifice / The Roundabout
The Wonderful World / In Your Hands / Smile / Hide And Seek
One Last Time, I'll Try To Be With You / Over Drive
Melodic Punk Autopilot Off "Looking Up"

World Of Glory with Joe Inoue (2011)
5thAlbumに先行する形で発売となった彼ら史上初のシングル。しかも以前から彼らの制作に関わっていた井上ジョーとのコラボとなっている。それだけである意味ふっきれた、でも彼ららしい作品となっているが、それ以上に歌詞が日本語になっている部分もあるのが今までの彼らにはない新しい一面となっている。それだけではなくラップを取り入れていたりと、色々な面で今までにはない新しいことを導入した意欲作であるが、それでも彼らの芯が全くぶれていないのは彼らの強みであろう。楽曲も前作の延長線上にあり、非常に聞きやすく耳に残る。また日本語を取り入れていると言っても言葉遊びの要素も強く、日本語をそこまで前面に出していないことも彼らの持ち味を生かすことになっている様に個人的には感じる。今後の彼らの試金石となる作品になるであろう1枚。全2曲。
☆☆☆★ World Of Glory / Don't Cry
Melodicp Punk ------------------------------

DAMN HERO (2011)
メジャー2作目となる5thAlbum。前作ではちょっと個人的にはきれいにまとまりすぎている部分も感じた所もあったが、今作では良い意味で大きく突き抜けた作品となっている。元々は西海岸の音にあこがれていた彼らであるが、今作ではそのルーツは踏まえつつも日本人にしか出せない音を体現していると言っても良いのではないだろうか。音から感じられる景色・情景は日本の夏のようであり、そこから感じられる迸るほどのエネルギーは、言いかえれば彼らが追い求め体現してきた前向きな姿勢である。彼らが追求してきた音がこの作品で一つの到達点に達したと言ってもよいのではないだろうか。王道のMelodic Punkを主体としながらもメタルやポップさ、シャウトなど要所要所で肉付けされている彼らの音は、これまで以上に自由度に溢れている。元々この要素があったが、今作ではより自由で開放的なサウンドとなっている。それをより研ぎ澄ましあらゆる方向に突っ切っているからこその、前述の様な外向けのエネルギーに満ち溢れた作品である。今作をもって彼らの第1章は幕を閉じ、新たな世界へと幕を開ける印象を持たせる程に、この作品が持っているエネルギー、意味は大きい。全15曲。
☆☆☆☆★★ Livin' for The Future / Sky of California / Across The Chance
World of Glory / Carry On / Highway 3 / Sweet / Longest Dreamer
Revelation / See You Later, Take Care / All for You
Melodic Punk New Found Glory "New Found Glory"

Place To Try (2011)
5thのTourFinalで初めて披露された彼らの2ndシングル。何と言っても今作の最大の特徴は、タイトル曲が日本語である事であろう。周知の通り前作のシングルでも挑戦していたが、前作では韻を多く踏んだ言葉遊びの要素が強く、聞こえ方も英語に近い部分があった。そのため今作が本当の意味での初挑戦といっても良いであろう。言語が異なっているため、もちろんメロディの聞こえ方は全く違う。その点で最初違和感を持つ人がいるかもしれない。しかし、メロディは彼ららしい。いやむしろ彼らの王道をトコトン詰め込んだような楽曲である。個人的には「らしさ」という言葉は好きではないが、自分たちの軸となる部分を全て詰め込んだのがタイトル曲であり、純粋に彼らの「らしさ」を凝縮した様な曲である。歌詞の内容に関しても日本語だから何かが変わったという事もなく、日本語である事を強調してこの作品を述べる事自体がナンセンスであると思う。また今作はシングルという小さなパッケージに彼らの良さを全て閉じ込めた作品であり、3曲目も10数年ぶりのSkaの要素を取り入れた曲など、芯をブレさせない彼らの現在を堪能できる作品である。全5曲。
☆☆☆★★ Place To Try / Take It Over / Life Is Such A Danger Flight
Melodic Punk ------------------------------

Good Bye, Good Luck (2012)
この段階での彼らの勢いを象徴するかの様なハイペースでのリリースとなる3rdシングル。前作で日本語に挑戦しており、基本的に今作もその延長線上にある作品と言っても良いだろう。しかし今作の最大の特徴はタイトル曲のテンポ感であろう。BPMを上げて速くしようと思えばいくらでも速く出来るだろうが、歌詞をきちんと伝えたいがためにあえてこのミドルテンポになっているのだと思う。正直最初聞いた時は、彼らにしては遅いなと感じてしまった。しかし何度も聞いているうちにこれが自然な形であると思ってくる。今まではメタルの要素を取り入れるなど基本的には音を足していく手法を取っていたが、今作では全体的にシンプルな方向へと進んでいる様に思える。もちろんメタリックなフレーズは多用されているが、それよりもメロディを前面に押し出している様にすら感じる。意図しているかは別にしても、前作のアルバムから彼らのルーツの一つでもある西海岸系の雰囲気が大きく出ているが、今作ではむしろそれよりも日本の四季・光景を如実に楽曲が物語っている様に思える。それをどう捉えるかはリスナー次第であろうが、自分たちの枠を決めてしまわないことが彼らの良さの一つであり、それが今作でも大いに発揮されていると言ってよいだろう。ここ数作のシングルの流れを踏まえて、次作のアルバムでどのような姿を見せてくれるかが楽しみであり、その時に今までありそうでなかった、このタイトル曲がキーポイントになる様な気がする。全5曲。
☆☆☆★★★ Good Bye, Good Luck / Attack Or Die
Melodic Punk ------------------------------

Party Party (2012)
怒涛のリリースラッシュが止まらない彼らの4thシングル。仮に前作が日本的な叙情を漂わせるとすれば、今作はその正反対に位置づけられると言っても良いだろう。彼らの原点である西海岸の雰囲気を彼らなりの解釈によって表現していた前作のアルバムから若干距離を置き、日本語というだけでなく音的にも新しい姿を示していたここ最近のシングルとは様相、立ち位置が異なっている。日本語と英語を上手く使い分け、メッセージだけでなく音・響きをも重視した歌詞。そして何よりも彼らの結成のきっかけともなったOffspringにも通じうる彼らなりのパーティーソングとも言えるべきタイトル曲は過去から現在まで常に自分たちのルーツも大事にしつつ、それを自分たちなりに昇華してきた彼らだからこその説得力を持つのではないだろうか。それはただの模倣ではなく彼らの持ち味であるメタリックなフレーズや、ツインボーカル、サビの部分での2ビートへの加速など彼らの持ち味を十二分にかつ自然に詰め込んでいるからこそ、音の振れ幅が大きくても常に芯が通っていると感じられる。毎回シングルでは新しい音に挑戦しそれは様々な面で成功していると言えるだろうが、個人的にはカップリングのインパクトがもっとあればより良くなるのではと思う面もある。全4曲。
☆☆☆ Party Party / Chase Mars / Always
Melodic Punk ------------------------------

L'Arc~en~Ciel Tribute (2012)
本作は海外勢中心のTributeではあるが、日本側からの4組のうちの一つとして参加した今作はまさに痛快であると言いたくなるほど良い意味で振り切っている。基本的にアレンジは原曲通りであり、いじっているのはイントロやアウトロ、そしてテンポが中心となっているが、そのいじり方がすさまじい。イントロの時点で彼らの持ち味の一つであるメタル要素が爆発。そしてその高速のまま一気にサビまで流れていく。それだけでも十分であるが、最後にもう一つギアを上げて駆け抜ける様は爽快である。自分たちの持ち味を十二分に出し切りつつも、原曲の雰囲気を破壊していないこのアレンジは、他のバンドのカバー以上に大きなインパクトを与えてくれる。全1曲。
☆☆☆★★ Driver's High
Melodic Punk ------------------------------

Wicked And Naked (2012)
怒涛のリリースラッシュを締めくくる彼らの6th。楽曲の中に日本語を取り入れるようになってからの初めてのアルバムであり、それを踏まえてどのような作品になるのか、そしてそれが今後の彼らの大きな分岐点になるだろうと大きな期待と一抹の不安を共に持っていたが、結論から言えば結局何も変わっていないと言えるだろう。確かに日本語の曲がシングル曲以外にも収録されており、そういった面では今までと立ち位置的には違うアルバムである。しかしメロディの質や楽曲自体の雰囲気は変わっておらず、他のバンドのようにこれから大きく変化していくわけではないだろう。いつも通りバラエティに富んだ内容であり、その中の一つの要素として新しく日本語がある。またそのシングルが全体の流れの中で、それぞれが明確な役割を持っているように感じる。2曲目でアルバムとしての勢いを出し、4曲目で一つの山を作り出す。それがその後の彼らの本質を映し出しているようなメッセージ性の強い曲やバラード、メタリックな曲へと繋がっていく。そしてその中でも11曲目が全体を通して大きな意味を持っている様に思える。この曲がこの位置にあるからこそ、彼ら自身が今までと同様今後の先を見据えて前向きに動いていくことを暗示しているかのような、そんな流れを持った作品である。全12曲。
☆☆☆☆★ Rockers In Da House! / Place To Try / Just Say Your Word
Highway Mark4 / We Rise Again / Echoes Inside My Memories
Friend Never Sucks / Good Bye, Good Luck / The Naked Journey
Melodic Punk Slick Shoes "Burn Out"

Seven Lives (2013)
怒涛のリリースラッシュを締めくくった前作から1年ほど空いてのリリースとなった、彼らの2ndMini。6年ほど前に発売されたHello&Goodnightと同じくらい重要な作品になるような、そんな感覚を覚える作品に仕上がっている。あの作品はメロディはよりキャッチーに分かりやすく、それでいて歌詞やアレンジには力強さをより強調しメタルの要素を上手く組み合わせた、相反する要素をバランスよくまとめあげる彼らの音の基礎を構築したターニングポイント的な作品であったが、彼らの音が今後大きく変化していくことを予感させるような、そんな可能性に溢れた作品である。持ち味の一つであるメタル的な要素は相変わらずであり派手なソロも盛り込まれているが、全体的にシンプルに仕上がっている。それゆえにソロであっても良い意味で自己主張が弱く、楽曲に必要な最低限の1ピースとして存在しているように感じる。キャリアや年齢的な部分もあるのか、全体的に音の角が取れて包括するかのような暖かみを感じられる作品である。また彼らのルーツのひとつである速さを1曲目以外では基本的には封印し、よりバンドとしての一体感や分かりやすさ、メッセージ性などを追及したかのような作品であり、そういった面で意欲的な作品である。1枚の作品の中で様々な武器を高次元で追い求めたこの作品を経て、彼らが次にどのような一手を打ってくるのか非常に楽しみである。全7曲。
☆☆☆★★★ Room45 / Angry Shotgun / Space Future / Wait For The Song
Call It Love / R.I.P.
Melodic Punk The Swellers "My Everest"

The Best Fat Collection (2013)
デビュー10周年を記念して制作されたベストアルバム。個人的にはベストアルバムにはネガティブなイメージを持っているが、今作ではインディーズの頃の楽曲は全て再録されており新旧問わず彼らの魅力を味わえる作品に仕上がっている。選曲も満遍なく、そして曲順も時系列に並べている訳ではないところも、彼らが今までの楽曲のどれもに自信を持っている証拠であろう。大きくアレンジが変わった曲がないこともそれを如実に表しているのではないだろうか。そして今作を一言で表すのであれば「喪失と再生」であろう。過去の楽曲を現在の彼らで新しく再構築した楽曲たちは彼らの14年の集約であり、アレンジなどは大きく変わっていないながらもバンドとしての、そして各プレイヤーとしての成長を大きく感じさせてくれる。しかしその一方で失われたものもあるような印象を受ける。これは彼ら特有のものではなく、キャリアを重ねることによりどうしても失われる無鉄砲的な勢いや瑞々しさなど、そういったある意味純粋なものはなくなってしまったことを実感させられる。個人的にはある種の寂しさを痛感する部分が本作にはある。しかしそこにネガティブな感情はなく、新曲を最後に収録していることからも分かる今後も前だけを見据えて進んでいく彼らの姿に期待したい。全20曲。
☆☆☆☆ Stabel Heart / Teenage Dream
Melodic Punk Punk ------------------------------

夏のトカゲ (2014)
半年ほどの期間を空けて緊急リリースされた5thシングル。今作では初めて表題曲を歌詞だけではなくタイトルまでも日本語の楽曲にしたことにより、完全に過去の自分たちとの決別を、そして新たな方向へと進んでいく決意を示しているような作品になっている。表題曲は祭囃子という日本の和のテイストを取り入れており、元々西海岸に憧れていた彼らが和を打ち出したというところに意味があるように感じられる。元々様々モノを自分たちのフィルターを通して消化していくことに長けている彼らだけに決して付け焼刃ではなく、これはこれできちんと彼らの根本ではないにしろ、ある側面を如実に表していると言ってもいいだろう。そしてこういった和を前面に押し出すという発想に思い立った点もサウンドに対しては制約がない彼らならではのものであろう。そんな新しい一面を前面に押し出した表題曲とは対称的なB面はどちらかと言えばルーツに近い部分を現在の彼らのスタンス、言葉で表したかの様な楽曲であり、曲数自体は少ないものの内容面では盛りだくさんな作品である。全2曲。
☆☆☆ 夏のトカゲ / Save Your Days
Melodic Punk

COME TOGETHER, SING WITH US (2015)
メジャーを離れて心機一転、原点回帰を掲げてリリースされた7th。ただその原点回帰も単純に過去の姿や音にすがるのではなく、過去を正面から見つめつつもそれを現在のありのままの姿で素直に表現しているという点においてのことであり表面的なものではなく恐らく内面的な部分が大きいのであろう。一つ一つの音や言葉は日常生活から生み出されたリアリティが、そしてそれは数年前の彼らでは書けなかったであろう等身大の4人の人間の日常感、生活感に根づいているものであり、だからこそレベルミュージックという言葉には嘘偽りなく、まさに本作を象徴している。もちろん楽曲単位で考えれば元々ルールや制限がないことがルール的なバンドではあったが、今までの彼らからでは考えにくいほどに楽曲の幅は広がっており、ラップを全面的にここまで取り入れたり、リズム隊が打ち込み主体であったり、挙句の果てには持ち味のギターソロを封印している曲があるなど固定概念にとらわれることなくやりたいこと、表現したいことを素直に出している。最初に夢見た場所、サウンドに留まることも一つの美学であり初志貫徹し続けることもできるだろうが、彼らはそれを求めずに常に根底には初期衝動を保ちつつもその時々の自分たちのアンテナに引っかかったものを素直にありのままに表現し変化し続けてきていた。今作のこの全方位的なサウンドは歌詞が日本語中心となってからの数年間でアウトプットを重ねて説得力が増した言葉の重みと共に、今の彼らが表現したいことがそのまま詰め込まれているのだろう。年齢やキャリアと共にバンドとしても成熟、充実していることが実感できる作品である。全15曲。
☆☆☆☆ Moment of The Show Getting "CRAY" / Ride Your Life / Walls
Run To Horizon / Start Drive / Trend Beat Maker / BxAxSxMxT
This Life
Melodic Punk Skumdum "Skum Of The Land"

宴の合図 (2015)
アルバムのレコ発初日に、アルバムに収録されていない曲をシングルとして発売するという通常ではありえない形でリリースされた今作は今のバンドの状態や勢いをそのまま体現していると言える作品に仕上がっている。表題曲はアルバムで示した等身大のそのままのリアリティを打ち出した現在の姿と、過去から現在に至るまで積み重ね蓄積してきた音が混ざり合った現段階での彼らの最高傑作とも言える楽曲である。メタリックなフレーズなどもありながらも重さはなく、全体としてはあえて音数を削っているかのように一つ一つの楽器を、特にベースフレーズを際立たせている。無駄な音を極限まで削り、その上で彼らの武器と日本独特の音階などをブレンドしている表題曲は、通常の流れから外れたリリースとなったことも必然と言えるような強烈なパワーを持っている。カップリングは秦基博のカバーであるが、こちらはどちらかと言えば彼らお得意のアレンジになっている。全2曲。
☆☆☆☆ 宴の合図 / ひまわりの約束
Melodic Punk ------------------------------

One For The Dreams (2016)
7thのツアーファイナルで新曲として発表され、2017のPunkspringで無料配布されたシングル。曲の元ネタ自体は前作のアルバムにSecretTrackとして収録されていたが、それをうまく活かした楽曲になっている。シンガロング必須のイントロは楽曲の中でキーとなるメロディであり、全編に渡って使われておりほぼこれがサビになっているとも言えるだろう。全体的にはこれまでの流れを組んだ等身大のメッセージを込めた歌詞をラップまではいかないが早口で歌い回す部分も、キャッチーに歌い上げる部分といいとこ取りとなっている。そしてメロディやアレンジもそうであるが、ラッパの音を入れ込んだりなど今までの彼らにはあまりなかったスケール感が出てきており、今までを包括しつつも新しい領域にチャレンジするいつもの姿勢を凝縮した名曲である。全1曲。
☆☆☆☆ One For The Dreams
Melodic Punk ------------------------------